ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍昭恵氏 布袋寅泰とのキス騒動に「主人は笑ってました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相の昭恵夫人が足繁く通う東京・池袋のバーが存在する。入り口に「アベ政権反対」の看板が掲げられ、“反政府バー”とも呼ばれる。昭恵夫人が「家庭内野党」を宣言したり、脱原発運動に参加するようになったのはその店主の影響だった──という内容の記事を本誌は報じた。そして、本誌は昭恵夫人に取材を申し込んだが、前号締め切り時には間に合わなかった。
 
 しかし、律儀にも昭恵夫人はその後「安倍晋三の家内の昭恵でございまぁ~す!」と電話をしてきたのだった。前出のバー店主については、様々な意見を聞きたいとの希望もあり話をしていると説明した。そして、話は別の騒動の核心へ……。

 それは、『女性セブン』で報じられた歌手・布袋寅泰との「キス事件」の話だ。同誌によれば、8月下旬の深夜、都内の会員制バーで一緒になった2人。20年来のファンを公言する昭恵夫人は布袋にしなだれかかり、首筋にキスをしたという。

「事実と違うところもたくさんあるんですが……。でも……酔っ払っていたことは間違いありません。もう、あの、何を言うつもりもなく反省を……。もちろん布袋さんと付き合ってるということはまったくないので。私は一ファンですから」

──首筋にキスを?

「酔っていたのは事実ですから、もしかしたら寄り添って、そういうふうに見えたのかもしれないですね」

──総理に怒られませんでしたか?

「主人は笑っていましたよ~」

 最後にこう締めてくれた。

「もう、53(歳)ですので飲み過ぎには気をつけたいと思います!」

 あまり反省しているようには聞こえませんけど……、お酒はほどほどに。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍昭恵夫人の居酒屋を公安部がマークしているとの情報登場
まさかの安倍昭恵夫人の都知事選出馬説 永田町で取り沙汰も
安倍晋三氏の妻・昭恵さんの居酒屋 予約とりづらい人気店に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。