体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オダサガが誇る洋食屋さんのカツカレーを食す! @『おさ』小田急相模原

osa-katu5_R

とにかくカレーが好きな日本人ですが、一体カレーの何が良いのでしょうか? 筆者的には、やはり

「御飯との相性が抜群である!」

のが一番の理由かと思っています。無論、本場のように”ナン”とか”チャパティ”で頂くカレーも捨てがたいのですが、やはり御飯に合わせられなければ、日本でここまで普及する事は無かったでしょう。

つまり、日本人が好きなのはカレーではなく”カレーライス”だぞって話です。

そんなカレーライスの最高峰と言えば何が来るでしょうか?

これは賛否が分かれる所ですが、ビーフカレーやチキンカレー、ポークカレーなど色々な選択肢があるものの、最終的には

「カツカレーこそ至高!」

になるかと存じます。例えベースがビーフでもチキンでもポークでも、カツを乗せた瞬間全てのカレーが”カツカレー”になるのです。

つまり、牛とか鶏とか豚とかの垣根を越えた、より大きな存在がカツカレーなのです。

そしてカツカレーには”ナン”や”チャパティ”が入る余地はありません。日本人の為に日本人が作った日本人のカレーライス、その究極がカツカレーなのです。

オダサガの桃源郷『おさ』

osakar-2_R

誰もが追い求める桃源郷、そんな存在がオダサガ(小田急相模原)にあるレストラン『おさ』で御座います。

営業時間は昼の12時~14時まで、しかもほぼ一回転しか客を回さないので『おさ』の料理を食べられるのは、一日当たり20人も居ません。

なので、この『おさ』に訪れる時は、12時ジャストには入店しないと無理ですね。

そんな幻レストランのような『おさ』で食べるカレーは、常連の人達にも人気があり、特に写真の『ハンバーグカリー』は看板メニューのひとつです。

『おさ』の『カツカリー』を食す!

osa-katu1_R

正直、筆者も『おさ』にはチョイチョイ行っているのですが、ここでカツカレーを食べるのは初めてです。

『おさ』のカレー、もとい”カリー”が美味しいのは知っているのですが、どうしても毎回『ハンバーグカリー』を食べてしまう罠で御座います。

しかし!

今回は心を鬼にしてハンバーグを封印し、あえて記事を書く為に『カツカリー』をオーダーしました。

osa-katu2_R

結果、このド迫力の『カツカリー』(900円)が筆者の前に現れました。

まさにカレーライスの最高峰、キング・オブ・ジャパニーズカレーの頂点に相応しいルックスです。

贅沢にヒレ肉を使った本格『カツカリー』

osa-katu3_R

そして『おさ』のカツカレーは”ロースカツ”では無く、ちょいとお高い”ヒレカツ”です。

ここら辺、レストランと言うか洋食屋さんのコダワリが感じられますね。

osa-katu7_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会