ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オダサガが誇る洋食屋さんのカツカレーを食す! @『おさ』小田急相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


とにかくカレーが好きな日本人ですが、一体カレーの何が良いのでしょうか? 筆者的には、やはり

「御飯との相性が抜群である!」

のが一番の理由かと思っています。無論、本場のように”ナン”とか”チャパティ”で頂くカレーも捨てがたいのですが、やはり御飯に合わせられなければ、日本でここまで普及する事は無かったでしょう。

つまり、日本人が好きなのはカレーではなく”カレーライス”だぞって話です。

そんなカレーライスの最高峰と言えば何が来るでしょうか?

これは賛否が分かれる所ですが、ビーフカレーやチキンカレー、ポークカレーなど色々な選択肢があるものの、最終的には

「カツカレーこそ至高!」

になるかと存じます。例えベースがビーフでもチキンでもポークでも、カツを乗せた瞬間全てのカレーが”カツカレー”になるのです。

つまり、牛とか鶏とか豚とかの垣根を越えた、より大きな存在がカツカレーなのです。

そしてカツカレーには”ナン”や”チャパティ”が入る余地はありません。日本人の為に日本人が作った日本人のカレーライス、その究極がカツカレーなのです。

オダサガの桃源郷『おさ』

誰もが追い求める桃源郷、そんな存在がオダサガ(小田急相模原)にあるレストラン『おさ』で御座います。

営業時間は昼の12時~14時まで、しかもほぼ一回転しか客を回さないので『おさ』の料理を食べられるのは、一日当たり20人も居ません。

なので、この『おさ』に訪れる時は、12時ジャストには入店しないと無理ですね。

そんな幻レストランのような『おさ』で食べるカレーは、常連の人達にも人気があり、特に写真の『ハンバーグカリー』は看板メニューのひとつです。

『おさ』の『カツカリー』を食す!

正直、筆者も『おさ』にはチョイチョイ行っているのですが、ここでカツカレーを食べるのは初めてです。

『おさ』のカレー、もとい”カリー”が美味しいのは知っているのですが、どうしても毎回『ハンバーグカリー』を食べてしまう罠で御座います。

しかし!

今回は心を鬼にしてハンバーグを封印し、あえて記事を書く為に『カツカリー』をオーダーしました。

結果、このド迫力の『カツカリー』(900円)が筆者の前に現れました。

まさにカレーライスの最高峰、キング・オブ・ジャパニーズカレーの頂点に相応しいルックスです。

贅沢にヒレ肉を使った本格『カツカリー』

そして『おさ』のカツカレーは”ロースカツ”では無く、ちょいとお高い”ヒレカツ”です。

ここら辺、レストランと言うか洋食屋さんのコダワリが感じられますね。

『おさ』のヒレカツは豚の”ヒレ肉”の旨さを存分に味わえます。

豚肉の中でも味が濃く、柔らかいヒレ肉は脂こそ少ないものの、肉質の良さは別格です。

洋食屋さんのカレーが味わえる『おさ』

そして肝心のカレーはトロミの少ない本格カレーで、どちらかと言えばトマトの酸味が感じられる”欧風カレー”に近いですね。

辛さは比較的抑えめですが、スパイスの刺激と香りは深く、洋食屋さんならではのカレーになっています。

本格的なインドカレーも好きですが、普段から食べるカレーはやはり”洋食屋さんのカレー”が筆者の好みですね。

スープと言うかブイヨンに多くの野菜、スパイスを溶かし混んで作る欧風カレーは、デミグラスソースにも似た濃厚さがありますが、スパイスのおかげで重々しさはありません。

さらに最後に生クリームをまわしかけるのが『おさ』の『カリーライス』の特徴です。

生クリームのコクを加えつつも、辛さをよりマイルドにしてくれる役割があります。

『カツカリー』 総評

写真を見れば一目瞭然ですが、この『おさ』の『カツカリー』はヤヴァイですね。

味も値段もボリュームも”最高ランク”に位置するカレーで、まさに『おさ』の実力を知らしめる一品です。

一週間に一度、自分への御褒美として食べるに値する、美味しい料理で御座います。

一度食べ始めると、最後までスプーンが止まらない衝動…

『おさ』のカレーに魅せられる常連がいるのも、分かった気がします。

それでは、みなさんもオダサガの名店『おさ』で『カツカリー』を食べてみて下さい。きっと満足されると思いますよ。

『おさ』

住所:神奈川県相模原市南区相模台1-2-8

営業時間:12:00~14:30(現在はランチ営業のみ)
定休日:月曜日(不定休あり)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP