体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【驚異】iPhoneを風呂や海や池や沼やトイレに落としても大丈夫! 最強のケース誕生

83ce02a69aff8689c8b4558c5a9e2e71

スマホアクセサリーのセレクトショップcaseplayから、iPhone6用のバッテリーを内蔵した防水ケース『fre Power iPhone 6 Battery Case』が2015年6月に発売された。今回は、一足早く製品をお借りすることができたので、実際にiPhoneを水に沈めたりしてレビューしてみた。

・スマホのタフネスケース
iPhonehは防水機能がないので、一瞬でも水に落としたら即故障する。砂利の上に置いたら傷だらけになるのも困る。そこで、iPhoneケースが活躍する。今回は、スマホ用のタフネスケースをラインナップする『LIFEPROOF』(ライフプルーフ)シリーズから、iPhone 6用の防水ケース『fre Power iPhone 6 Battery Case』を紹介する。

0a2321af295716b06fa6a299cf7f5975

・通常使用ではほぼ壊れない堅牢性
タフネスさは半端じゃない。IP-68という基準に対応しており、IPX6相当の防塵性能とIPX8相当の防水性能を備えたうえ、MIL STD 810F-516にも対応している。「MIL STD 810」は温度変化や振動、落下テストなどをクリアし、通常使用ではほぼ壊れない堅牢性を備えていることを表している。

水深2mのところでiPhoneを使うことができ、2mの高さから落下させても耐えられるのだ。しかも、防水系アイテムは真水のみに対応し、海水などはNGということも多い中、本製品は海でもOK! 海水浴やサーフィンでも利用できる。シュノーケリングで使う際は、深度に注意しよう。

a59617a1e256311aa9e1f0ddf6113ddb a57d12ba854e5b72ff5fc36dc54ae686

・端末を入れずに浸水テスト
セットアップは簡単だが、がっちり防水保護するために、少々力が必要。まずは、付属のクロスでiPhoneの画面をキレイにして、ケースにセット。

力を入れてはめ込んでから、ロックをかけ、スクリューでイヤホンコネクタを閉じれば完了だ。また、マニュアルには水に沈める予定がある場合は、あらかじめ端末を入れずに浸水テストをするように記載してあった。

137e1a3a91903a5d8f5a51ea833db8ce

・そこまで重いとは感じない
ケースのサイズはW7.9×H15.5×D1.7cmで、重量は123g。ケースを装着するとごつくはなるが、そこまで重いとは感じなかった。ケースカラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色が用意され、直販価格は1万7258円となる。

・トイレに落としてもびくともしない
iPhone6をケースにセットして、いろいろと試してみた。まずは水しぶきをかけてみるが全く問題なし。指も濡らしてから画面にタッチしてみるが、普通に操作できた。キッチンで料理中にレシピを確認するのも問題なし。もちろん、風呂に漬けても、トイレに落としてもびくともしない。そもそもつるつるしたiPhone本体とは違い、ごついので間違って落とすことも少なくなる。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy