ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生花と澄んだ空気に包まれた花屋のフレンチトースト / AOYAMA FLOWER MARKET

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節のフラワーフレンチトースト
1080円

非常に数少ないが、日本には「花屋の中で料理が食べられるレストラン」がいくつかある。そのひとつが花屋『AOYAMA FLOWER MARKET』で、店内の奥に、まるで秘密の花園のごとく、ティーハウスがある。

・とてつもなく強い癒やし効果
澄み切った花の香りが漂う店内を通過し、ガラガラと音を立ててティーハウスのガラス戸を開ければ、甘いスイーツとコーヒーや紅茶の心安らぐ香りが全身を包む。ここは花園か? 農園か? それとも花畑か? テーブルに案内される前から、とてつもなく強い癒やし効果だ。

・澄みきった快適な大気
テーブルに飾られている花や植物は、すべて生きている。造花で済ませる店が多いなか、花屋のプライドと「こだわり」が感じられる。

生花や草木の効果もあって、森のなかにいるかのような「澄んだ空気」が漂っている。どんなに湿度が高い雨の日だろうと、猛暑だろうと、極寒だろうと、ここはいつでも澄みきった快適な大気。

・毎日通いたくなるレヴェル
デザインや空間美だけでなく、その空間を埋め尽くす大気すら、演出と「もてなし」の心で溢れているというわけだ。

どおりで、癒やしを求めてやってくる女性客が多いわけだ。ここには、毎日通いたくなるレヴェルのリラクゼーションがある。

・調和のとれた美味しさ
注文したのは『季節のフラワーフレンチトースト』。厚いトーストをこんがりと焼き、クリームとヴァニラアイスクリームが添えられており、その上に食べられる生花が盛られている。

見た目はカオスだが、調和のとれた美味しさのある「心を躍らせるスイーツ」がそこにある。

・「自分の持ち味」をかもす
フレンチトーストの名店はいくつもあるが、パンの酸味が強く、自己主張しすぎているケースが多々ある。しかし『季節のフラワーフレンチトースト』は、限りなく優しい。

それぞれが控えめに「自分の持ち味」をかもしており、パン、バター、クリーム、アイス、そのほかあらゆる食材が「絶妙な加減」で持ち味を出している。

・極上のフレンチトーストに昇華
それらがひとつの料理として紡がれた瞬間、極上のフレンチトーストに昇華するのである。まさにこの料理はそれ。何度食べても飽きない自信を与えてくれる。食事をしたのにスイーツを食べたかのような満足感。

スイーツを食べたのに、食事をしたかのような充実感。まさにパーフェクトに近い存在といえよう。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/09/14/aoyama-flower-market/

青山フラワーマーケット ティーハウス 南青山本店
住所: 東京都港区南青山5-1-2 青山フラワーマーケット南青山本店内奥
時間: 11:00~18:30
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13131287/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP