ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2パックの命日にケンドリック・ラマーが感動的な手紙を寄稿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 トゥパック・シャクールの19回目の命日だった9月13日、ケンドリック・ラマーが追悼して綴った感動的な手紙が2pac.comに掲載された。同手紙には“K.L.”とのサインが入っているが、これがラマーのものであることを2パックのFacebookページが認めている。

 「俺があなたに出会ったのは8歳の時だった。その時、どんな事を感じたのか言葉では言い表せない。たくさんの感動。満ち溢れる興奮、喜び、熱意。20年後、俺はその時感じたものが何だったのか理解できた。インスピレーションだ。あなたが小さな交わりにおいて与えた影響が永遠の物となった。ある日、俺は人の代弁者になりたいと自分に言い聞かせた。誰もが知ってのとおり俺ははっきり意見を述べていた。あなたに聞いてもらうために。ありがとう」

 ケンドリック・ラマーが2015年3月にリリースした最新アルバム『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』には、2人の同ラッパーによる疑似会話をフィーチャーした「モータル・マン」という曲が最後に収録されている。ラマーは2パックの1994年のインタビューの断片を使用することで、“議論”を交わすことに成功させたのだ。

 ラマーはリリース時のMTVとのインタビューにて、同アルバムは元々、トゥパック・シャクールにちなんで“Tu Pimp a Caterpillar”というタイトルだったと話している。「頭文字をとると“Tu.P.A.C”=Tupacになる」と説明していた。

関連記事リンク(外部サイト)

シェリル・リン 3年ぶりのビルボードライブ公演の初日を最速レポート
テイラー・スウィフトが国内洋楽チャート&インスタ女王に、ウォーク・ザ・ムーンも記録樹立、アデルも注目のSSWが初来日:今週の洋楽まとめニュース
彗星のごとく現れ、全米2位を記録したポップ界の新たなダーク・ヒロイン、ホールジーとは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP