ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソウル・フラワー・ユニオン 中川敬の3rdソロアルバム発売決定、特設サイト開設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬が、3rdソロアルバム「にじむ残響、バザールの夢」を10月7日にリリースすることを発表。本作の特設サイトを開設し、CDジャケットと最新アートワークを公開した。

「街道筋の着地しないブルース」(2011年)、「銀河のほとり、路上の花」(2012年)に続き、約2年ぶり通算3作目のアコースティック・ソロ・アルバムとなる本作は、書き下ろしの新曲群に加えてビリー・ブラッグ、ルー・リード、ジョニ・ミッチェル、忌野清志郎、仲井戸麗市、シーナ&ロケッツ、カンザスシティバンドのカヴァー等、全篇アコースティック楽器で仕上げた全15曲を収録。

自身の楽曲は1曲目から5曲目まで続く新曲のほか、自身のソロ・プロジェクト“ソウルシャリスト・エスケイプ”の楽曲やオリジナルのインストゥルメンタルも。さらには今年の頭から全国を行脚している弾き語りツアーで主要レパートリーにしているシーナ&ロケッツの代表曲「ユー・メイ・ドリーム」や、忌野清志郎がタイマーズで歌ったことでおなじみの「デイドリーム・ビリーバー」など、歌手・中川敬を味わえるカヴァーの数々。そして今年公開された映画「パレードへようこそ」のエンドロールに流れたビリー・ブラッグのカヴァー「団結は力なり(ゼア・イズ・パワー・イン・ア・ユニオン)」で締めくくられる作品となっている。

また、本作にはゲスト・ミュージシャンとして、船戸博史(ふちがみとふなと)、藤井一彦(THE GROOVERS)、GO(JUNIOR)、磯部舞子、河村博司、高木克が参加。中川敬の奏でるアコースティック・ギターや三線に、フィドル、ティンホイッスル、コントラバス、ペダル・スティール・ギター、ハーモニカ、リゾネーター・ギター、マンドリンといった楽器で豊潤な彩りを加えている。

一方、今回の発表に合わせて「にじむ残響、バザールの夢」特設サイトを開設。当サイトには作品詳細やソウル・フラワー・ユニオン初のアーティスト評伝「解き放つ唄の轍」の著者・石田昌隆によるライナーノーツが掲載されており、今後もトレイラー映像や多数アーティストからのコメント掲載など充実のコンテンツが日々更新されていく。

なお、本作の発売日は前述通り10月7日となるが、9月18日福岡DRUM Be-1公演より広島、大阪、東京と巡るソウル・フラワー・ユニオンのツアー「中川敬ソロアルバム発売記念ツアー」の各会場では、アルバム「にじむ残響、バザールの夢」の先行販売を実施。こちらと通販サイト Artist-Direct Shop 405での購入者には限定特典が付属される。

また、10月からは本作のリリースを記念した弾き語りワンマン・ライヴ・ツアー「ソウルフラワー中川敬・ニューアルバム発売記念ツアー~中川敬の弾き語りワンマン・ライヴ!」を各地で開催、10月末から11月にかけては“ローリング・ピアノマン”リクオとのツアー「うたのありか2015ツアー」を行うことが決定している。

「にじむ残響、バザールの夢」特設サイト
http://www.breast.co.jp/soulflower/special/nakagawa_solo3/

リリース情報

アルバム「にじむ残響、バザールの夢」
2015年10月7日発売
XBCD-6006 BMtunes 2,685円+税
収録曲:
01 十字路の詩
02 地下道の底で夢を見てる
03 異国に散ったあいつ
04 にじむ残響の中で
05 ひとつの小さな名前
06 アリラン
07 愛の人工衛星(サテライト・オブ・ラヴ)
08 コート・アンド・スパーク(インストゥルメンタル)
09日食の街
10月夜のハイウェイドライブ
11 ユー・メイ・ドリーム
12 デイドリーム・ビリーバー
13 新しい町
14 バザールの夢(インストゥルメンタル)
15 団結は力なり(ゼア・イズ・パワー・イン・ア・ユニオン)

ゲスト・ミュージシャン:船戸博史(ふちがみとふなと)、藤井一彦(THE GROOVERS)、GO(JUNIOR)、磯部舞子、河村博司、高木克

関連リンク

ソウル・フラワー・ユニオン オフィシャルサイトhttp://www.breast.co.jp/soulflower
ソウル・フラワー・ユニオン オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/soulflowerunion
ソウル・フラワー・ユニオン オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/soulflowerunion

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP