体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロビン・ウイリアムズが教えてくれた7つのこと。「一度きりの人生、輝かせるのは自分だよ」

2014年、63歳という若さで人生の幕を閉じた「ロビン・ウイリアムズ」は、幅広い役を演じ、その高い演技力が評価されていた世界的に人気のあるハリウッド俳優。
これまでにも多くの人がその魅力を伝えてきましたが、「Moviepilot」ではライターCassie Benter氏によって数々の作品から集められた、細部の魅力を改めて知ることができます。

特に印象的だったエピソードがあります。ロビンはショーに訪れると、必ず舞台裏のあらゆる人に自己紹介をして、話を聞いて周ったそうです。

もしかしたら、世界中の一人一人の夢や話を聞こうとしていたのかもしれない。そう思った私は涙が止まりませんでした。

私たち全員と向かい合って話す機会はなかったけれど、彼が息を吹き込んだそれぞれの役がその役目を果たしているのだなと感じています。

ここにとても美しい瞬間やセリフ、シーンを集めてみました。彼がスクリーンの中から私たちに教えてくれたことを、今共有するためにはこうするのが一番いいように感じてます。

01.
固定概念は捨てて
違う視点から物事を見る

彼は、映画『いまを生きる』の中で、生きることの素晴らしさを詩で教える教師の役を演じました。彼のクラスを見ていると、私たちは考えを決めつけず、常に違った視点でも物事を見なければならないことに気づかされます。

■印象的なセリフ

誰が何と言おうと、言葉と考えで世界は変えることができる。

-Dead Poets Society,1989

■印象的なシーン

02.
力を抜いて人生を楽しみ
子供との時間を大切にする

映画『フック』で、40歳になったピーター・パンを演じた時のこと。ピーターがネバーランドへ行く前に、仕事人間だったことからも重要な教訓が得られます。

まず、忙しく働くことが人生において成功であり報われることだと思われがちですが、リラックスして「楽しむこと」を決して忘れてはいけません。

そして、あなたが子どもと過ごすたくさんの時間を持てるのは今だけだということ。時間を作って、些細なことにも目を向けましょう。それが子どもたちの人生の一部になるのです。

■印象的なセリフ

あぁ、生きるということは、なんと偉大な冒険なんだ。

-Hook,1991

■印象的なシーン

03.
真実を語り
自分に正直でいること

実は、映画『アラジン』でランプの精「ジーニー」の声をつとめたのも彼。

ジーニーは私たちに真実を言わなけらばならないこと、自分自身を偽ってはならないということを思い出させてくれます。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。