ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がんばれ!Victory、メジャーデビュー後初のワンマンが大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

がんばれ!Victoryが9月12日、TSUTAYA O-WESTにてメジャーデビュー後初のワンマンライブ「がんばれ!Victory LIVE 四回の表 「晩夏の首位攻防最終戦!代打の神様見参!?」を開催した。

超満員となったフロアにはメンバーセレクトのBGMが流れ、Led ZeppelinやNirvanaなど選曲で開演前から「平成オールドロック」を掲げるがんばれ!Vicoryならではの演出がなされた。

「STARTING MEMBER」を発表するオープニング映像が流れると、メンバーが1名ずつ登場。ステージが暗転するとメジャーデビューシングル「全力!スタート」でライ ブがスタート。続けて「ふらいはい!!!」「I Go Everday」とライブ定番曲を続けて披露し、会場の熱気は一気に上昇。オープングMCではメンバー紹介とともにしのぶ(Ba)が「本日はご来場頂きありがとうございます! 皆さんまだまだ盛り上がって行けますか?」 と会場を沸かせた。

その後、未発表曲の「ラストサマー」、NHK Eテレ アニメ『ベイビーステップ』のED曲である「夢のつづき」、「偽物スマイル」とミドルテンポの楽曲で観客を聴き入らせると、「普段イベントなどでは披露し ているのですが、今日はワンマンという事でアコースティックバージョンでお届けしたいと思います!」とアコースティックスタイルで「Never Give Up」「U」の2曲を披露。

会場にサイレンが鳴り響き、「ボーカルあやきに変わりまして代打れな」とのアナウンスがなされると、公演タイトルである「代打の神様」をれな(Gu)が務める事に。あやき(Vo)が不在の中、れながギターボーカルと務め「はじめてのチュウ」を披露。会場を暖めると、満を持してあやきが再度ステージへ。

ニューシングル「ラリラリラ」のイントロでサインボールを会場に投げるファンサービスを行なうと、一気に会場のボルテージは最高潮に。続けて「DEAR」「青春ライフポップ」本編最後には「三三七拍子」で幕を閉じた。

アンコールではメンバー一人一人が今回のワンマンについて語り、「また明日」を披露。その後がんばれ!Victoryの最大のライブ曲「KGSD」でアンコールは終了したが、それでも冷めやらず、ダブルアンコールに突入。それに応え再登場すると 「持ち曲はないです!」とリーダーのれなから話があるとオーディエンスの要望に応え「ラリラリラ」を再度プレイし、フィナーレを迎えた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP