ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【質問】学生時代にモテるタイプは国によって違うのでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

By Ed Yourdon from New York City, USA (Up against the wall) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Ed Yourdon from New York City, USA (Up against the wall) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

「モテたい!」という願望は万国共通。今回、TRiPORT編集部のもとに、こんな質問が寄せられました。

「学生時代にモテるタイプは国によって違うのでしょうか?」

さっそくTRiPORTでは、様々な人にヒヤリングをおこなってみました。日本では学生のときに男子なら野球部、サッカー部、ラグビー部などのメジャーな球技、女子ならスタイルがよくてアイドルや芸能人に似ているかわいい人がモテる傾向がありますが、日本以外の国では必ずしもそうとは限らないようです。スポーツ系のクラブ活動が盛んなアメリカでは運動神経のよいスポーツマンや、チアリーダーの女の子が人気で注目を集めているそうなので、日本と少し似ています。

一方、ヨーロッパでは学生スポーツやサークル活動などがあまり盛んではないので、学生時代には男女共にひたすら勉強をして成績のよい人が人気があり、同時にユーモアがあってホームパーティーやコンパなどを主催するようなリーダーシップのある人がモテる傾向にあります。

日本以外のアジアの地域では、しっかり勉強をする人や将来性のある人、成績のよい人が注目されやすいので、スポーツ一筋で授業をおろそかにしていたり、かわいいだけで学校をさぼったり何度も留年しているような人はあまりモテません。日本以外の国では入学試験よりも卒業試験のほうが大変なので、学生時代は恋愛に明け暮れるよりも単位の心配をする必要があり、学生はとにかく勉学に励んでいることも少なくないそうです。

ヤンキーはモテない!?

学生時代にモテるタイプは国によって様々ですが、スポーツでも勉強でも一生懸命頑張っている人は異性からも同性からも評価されるのは共通していると言えるでしょう。

しかし、日本では授業をさぼったり、学校に来なかったりするヤンキーのような人もモテます。他の国では、スタイル抜群でかっこよく・かわいく、オシャレのセンスが飛びぬけていても、ほとんど授業に来なかったり、真面目に勉強をしないでパーティーばかりやっているような学生は相手にされないことが多いようです。

学校での勉強以外に地域の活動に参加したり、ボランティアを行ったり、休暇を利用して世界旅行をしたり、学業と並行してビジネスを立ち上げる人も一目置かれる存在に。もちろん外見がいいに越したことはありませんが、多くの国では見た目よりも内面重視で、その人の素質や将来性、タレント性、奇抜性、社会性などのほうが大切です。自分のブログを持っていたりFacebookやTwitterで頻繁に情報を発信している人も注目されやすいそう。もちろん、人の好みは様々なので一概にこれが全てとは言えませんが、学生時代にモテる人もお国柄が少なからず出るようです。あなたは学生時代、どんな人に恋をしていましたか?

Photo by: Ed Yourdon from New York City, USA (Up against the wall) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。