ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦後初の長者番付 戦後のドサクサで儲けた成金が上位に多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長者番付は時代を映す鏡と言われる。今年は戦後70年という節目の年だが、戦後の混乱期にはどんな人物が長者番付に名を連ねていたのか?

 1947年度、記念すべき“初代王者”となったのは、織物販売業で財を成した加藤尚という人物だった(申告所得額=3500万円。当時の国家公務員の初任給は4223円~1万680円)。加藤は後に闇市での取引が不当利得と指摘され逮捕された(※後に無罪)。この年にランキング入りした長者は戦後のドサクサで“一発当てた”新興成金が多く、その他にも後に贈収賄、脱税などの疑いに問われた長者もいた。

 翌1948年度の1位は貸金業の森脇将光(申告所得額=9000万円)。森脇は半年間で1億1300万円を貸し付け、9000万円もの利子を計上してトップになった。当時の物価は現在の100分の1と考えられるので、利子だけで約90億円。さすがに貸し金が焦げ付いて回収できず、森脇は1950年には滞納額1億円となり、滞納ランキングの1位にもなった。『日本の長者番付』(平凡社新書)の著者で、企業系列の研究者でもある菊地浩之氏がいう。

「森脇は三菱銀行を巻き込んだ巨額詐欺事件である『吹原産業事件』(1965年に表面化)など、様々な経済事件に関わったいわくつきの人物です。金貸しといっても現代のサラ金とは違い、当時は一流企業が彼を頼るほどの大物金融業者でもあった。創業したばかりのホンダが彼を訪ねたが、お金を貸してもらえなかったという逸話もある」

 1950年6月には朝鮮戦争が勃発。日本は連合国軍の補給基地となり、軍需物資などの発注が舞い込み、工場はフル回転した。いわゆる朝鮮特需だ。その恩恵を受けた炭鉱業が、1950年度、1951年度の番付に名を連ねる。とくに1952年度はベスト10のうち9人を炭鉱業者が占めた。

(文中敬称略)

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
戦後の高額納税者を見ながら時代と共に戦後日本を振り返る本
ガッポリ稼ぐふなっしー 船橋市の長者番付にランクインの噂
高額納税者列伝 69.7億円の元レイク会長や36.9億会社員ら

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。