ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

むくみ改善にはつま先立ちや貧乏ゆすり、ストッキング着用も有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 むくんで当然の生活をしている現代人だが、むくみがあまり気にならない人もいる。何が違うのだろう? むくみに詳しい帝京大学の医学博士・新見正則さんに聞いた。

「尿の排泄がスムーズな人や、定期的に運動をしている人は、あまりむくみに悩まされることはありません。むくみたくなければ、ふくらはぎの筋肉をたくさん動かすことです」新見さん。以下、「」同)。

 医学の世界では、血液を促す大事な部位として、ふくらはぎを“第2の心臓”と呼ぶ。ふくらはぎの筋肉を強化すれば、筋肉が収縮し、ポンプのように血液を押し上げてむくみが解消できるのだ。

「手軽にむくみを改善する方法は、毎日の散歩。買い物や子供の送り迎えのついで程度でかまいません。歩く時間がないなら、つま先立ちや貧乏ゆすりを。筋肉を使うため、むくみ改善には効果的です」

 また、脚全体に圧をかけることで、筋トレ効果を生み出すストッキングの着用も効果大。ストッキングで長時間脚を圧迫すると、血流が悪くなるイメージがあるが、脚全体を1枚の布で覆うため、着用を続けた方が下半身の血流がよくなるという。

 実は、ストッキングと同じ効果を体内に持ち合わせ、むくみを回避している動物がいる。人間より背が高くて立ちっぱなしのはずのキリンだ。

「キリンなど背の高い動物の皮膚は、鬱血しないように硬質化しており、ストッキングをはいているのと同じ効果があるのです」

 逆にいうと、ヒトがキリンの原理を取り入れるなら、ストッキングをはけばよいというわけだ。

「不快感がなければ寝る時もはいて可。ただし、一部分だけを圧迫して血液やリンパの流れを滞らせるガードルはNGです」

 そのほか、水圧によってストッキング効果が得られるので、水中ウオーキングもおすすめだ。

※女性セブン2015年9月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
南雲吉則医師の足のむくみ解決法「よく歩く」「貧乏ゆすり」
正月太り解消 生姜摂取や40度の湯船でのマッサージなど有効
「顔筋整骨」で「スマホブス」と決別可能と人気サロン代表語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。