体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<関西編>お腹いっぱい食べたくなったらブッフェはいかが?コスパも抜群のホテルバイキング6選

生活・趣味

食欲の秋♪ 朝晩に吹く風が涼しくなって、食べるものが美味しく感じられる今日この頃。お会計を気にせずお腹いっぱい食べたくなったら、ブッフェへGO!実はコスパもよいホテルバイキングをピックアップ。まずは関西編から。

1.【京都ホテルオークラ】「北海道フェアバイキング」
約50種類の品揃えが自慢のバイキングに、北海道にちなんだメニューがラインナップ。オススメは、日高昆布の旨みを閉じ込めた「北海道産日高昆布締め 鯛のカルパッチョ」や、ホクホクとした甘みが特徴の男爵いもを使った「北海道産男爵いものコロッケ」。ほかにも、「秋鮭の十勝クリームパスタ」、「北海道産小豆ぜんざい」など北海道の味覚が楽しめる。10月31(土)まで、「トップラウンジ オリゾンテ」にて。ディナー価格は、 大人 5,346円、こども 2,970円(税・サ込)。(http://okura.kyotohotel.co.jp/)

2.【ホテル阪急インターナショナル】
「フルコースを仕立てるような贅沢ビュッフェ」がコンセプト。メイン料理は、 “劇場型ライブキッチン”で調理し、出来たてを一皿ずつサービスしてくれる。さらに、この秋は5種のフォワグラメニューが登場し、スペシャル感がさらに高まった。「ナイト&デイ」にて。ディナー価格は、平日・大人4,500円、子ども2,700円、土日祝・大人5,000円、子ども2,900円)(税込)。(http://www.hankyu-hotel.com/hotel/hhinternational/rest/nightandday/)

3.【ホテル日航大阪】「南イタリアブッフェ」
ナポリ、パレルモ、アマルフィーの海岸やカプリ島など世界屈指のリゾート地である南イタリアのメニューを中心としたブッフェ。重さ36kgの大きなグラナパダーノチーズの器で仕上げる「パスタヴォーロ」は、特にオススメ。10月15日(木)まで、「セリーナ」にて。価格は、ディナー平日で、 大人 4,000円、 シニア(65才以上)3,650円、 子供(小学生)2,100円、   幼児(3歳以上) 850円(税込)。(http://www.hno.co.jp)

1 2 3次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会