ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『チョコモナカジャンボ』に対抗!? 森永製菓の『バニラモナカジャンボ』推しが気合入りすぎ! 専用営業ロボまで開発してる!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


モナカアイスが食べたいな、と思った時につい手にとってしまうのが森永製菓の『チョコモナカジャンボ』。パリパリのチョコレートがアイスの真ん中に入っているイイトコ取り感が魅力ですよね。

しかし、『チョコモナカジャンボ』の派生商品でミルク感たっぷりの『バニラモナカジャンボ』があることを忘れてはいませんか?


筆者も“チョコモナカ”を選んでしまいがちなのですが、森永製菓の営業担当者の62%が「バニラモナカはチョコモナカより2倍以上商談が難しい」と思っているよう。それでも、バニラモナカに強い商品力を感じている人も62%! そこで、“バニラモナカジャンボ応援プロジェクト”を発足。


世界初の会話の間を埋めるロボ“バニラモナカ専用営業ロボ”を開発してまで、現在猛アピールしているのです。

営業担当者へのアンケートの結果、商談時の「間の取り方」に自信がないという意見が多く、さらに、その中の約7割が、商談の最中に思わず仲間の助け舟を期待してしまうと考えていることが判明。


“バニラモナカ専用営業ロボ”は、感音センサーを搭載しており、会話の“間”を検知すると、ランダムでコメントを発信! 「生活者に買わせないと意味ないですよね」「そうなっちゃいますよねぇ」など、森永製菓営業マンのリアルな口癖で、営業活動の最中に出来てしまう会話の“間”を適度に埋め、商談をサポートします。



しかも、口や目が動き、本物のモナカを使用して商品の質感を完全再現するなど、こだわり満載。公開されている使用例の動画では、商談中のお堅いおじさんたちが、“バニラモナカ専用営業ロボ”が登場した途端、ロボに興味を持ちだして会話が進みだす!? アイスのパッケージから顔をのぞかせしゃべり出す“モナカロボ”が急に現れたら、確かに気になって仕方がないですよね……。

『チョコVSバニラ あなたはどっち?キャンペーン』も実施中!


また、チョコモナカとバニラモナカ、キャンペーンサイトでどちらかに投票すると、なぜか抽選で1名に現金100万円が当たるビッグなキャンペーンを開催。バニラが勝つと、もしかしたら“バニラモナカ商談専用ロボ”が当たるかもしれない!?



キャンペーンサイトには、「バニラうま!」「バニラ食べてないの?!」と、バニラを推すコメントが散りばめられ、チョコ側には、「バニラも食べてから投票してね!」「チョコじゃなくてバニラ!」と、バニラびいきがヒドイ!

でも売上がイマイチな商品が消えていく中、ここまでみんなに美味しさを知ってほしいと熱望される『バニラモナカジャンボ』が気になってきました。ここまでされたら、チョコモナカ派も“バニラモナカ”に投票……してしまいますよねぇ!?

バニラモナカ専用営業ロボ『スーパーチェーンN様の場合』(YouTube)
https://youtu.be/85h7J0L7Aa0

バニラモナカ専用営業ロボ『コンビニエンスストアT様の場合』(YouTube)
https://youtu.be/nmtvXaLk3Ik

『チョコVSバニラ あなたはどっち?キャンペーン』
http://pari-pari.jp

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP