ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倉木麻衣 第3弾となるシンフォニックライブ開催、新曲「My way」初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

倉木麻衣が、2015年初の単独LIVE「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-」を開催した。

このライブは、倉木麻衣のシンフォニックライブ第3として、指揮者に藤原いくろう、演奏に東京フィルハーモニー交響楽団を迎える構成はそのままに、今回は初のすみだトリフォニーホール大ホールでの全曲フルオーケストラでのステージとなった。

ブルーの装飾が施されたゴージャスな黒のドレスに身を包んだ倉木が登場し、第一部が始まる。美しく桜が舞う演出が印象的な「Time after time 〜花舞う街で〜」、ドラマチックなピアノソロとシンフォニックアレンジが美しい「冷たい海」に続き、「Like a star in the night」では倉木のドレスがLED電飾で光り出すシンフォニック初の演出が飛び出し、輝く夜空の演出の中「星に願いを」のエンディングが響いた。

続く「fantasy」も輝くドレスと共にバックのパイプオルガンには美しい夕焼けが映し出され、会場をうっとりと魅了していく。そして「Cinema Music Special Medley」では「Smile」から「Alfie」へのメドレーをしっとり聴かせ、その後MCで「今年は楽曲制作中心の年で様々な曲を制作しているのですが、次に歌う曲はその中からの一曲で、初披露の曲になります。歌手としてデビューしてから15年歌わせていただいているのですが、この道を振り返り、またここから自分らしく、どんなことがあっても自分を信じて自分にしか歩むことのできないこの道を歩んでいきたい」そう新曲への想いを語り、新曲「My way」をかみしめるように歌い上げた。

白のロングドレスに衣装チェンジした第2部スタート「SAFEST PLACE」では、ハンドベルとの共演で会場を幸せな音色が包み込む。そして柔らかな雪の演出が切なく響く「白い雪」、指揮者藤原いくろう作曲の名バラード「儚さ」では新進気鋭のヴァイオリニスト松本蘭をゲストミュージシャンとして迎えドラマチックな世界観に彩りを添え、情感たっぷりのステージになっていく。また倉木の代名詞とも言えるヒット曲「Love, Day After Tomorrow」はこちらも初となるパイプオルガンの迫力あるサウンドとの初共演。バッハの名曲「トッカータとフーガ ニ短調」から始まるダイナミックなシンフォニックアレンジが観客を驚かせ、このライブの大きな見所のひとつとなった。

アンコールではこちらも初披露となった「Wake me up」を澄み渡る大空のように開放感たっぷりに披露、最後は大フィナーレ「always」を割れんばかりの大きな手拍子と一体となって熱唱した。クラシカルな雰囲気の大歓声に包まれながら演奏された全16曲の内、新曲「My way」を含めシンフォニックアレンジで初披露されたのは6曲となった。

そして、このプレミアチケットとなったLIVEの映像化が早くも発表された。今回はシリーズ初となるBlu-rayでの発売も決定した。

リリース情報
「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-」
発売日:2016年1月27日(水)
【DVD】2枚組 VNBM-7028~7029 7,020円(税込)
【Blu-ray】VNXM-7028 8,100円(税込)
<オリジナル特典>
倉木麻衣シンフォニックLIVE第3弾 「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-」 LIVE DVDもしくはBlu-rayをMusingにて予約すると、「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-」公演撮り下ろしポストカードセット(3枚組)をプレゼント
※特典は無くなり次第終了
<Musing>
PC・SP(QR:maikdvd_SP.bmp)
http://musing.jp/artist/mai_kuraki/discography/dvd
携帯(QR:maikdvd_mobile.bmp)
http://musing.jp/mobile/shop/artist/mai_kuraki/dvd
※利用にはMusing会員登録(無料)が必要
※お問い合わせは、Musingサポートセンター(webinfo@musing.jp)まで

関連リンク

■倉木麻衣 Official Sitehttp://www.mai-kuraki.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP