ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

又吉直樹が聞く「失敗の少ない副業」のやり方 「本業への一点投資」はリスク高い?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

又吉直樹が聞く「失敗の少ない副業」のやり方 「本業への一点投資」はリスク高い?

芥川賞を受賞して注目のお笑い芸人・又吉直樹さんが以前からMCを務めているNHK Eテレの「オイコノミア」は、経済学をわかりやすく解説してくれる番組。9月7日放送のテーマは「賢い副業」でした。

街で800人のビジネスマンに訊いてみると、なんと5人に1人は副業をしているとか。とはいえ、副業に時間を取られると本業がおろそかになるし、給料をもらっている会社の手前、リスクは冒したくないという人は多いことでしょう。しかし副業はリスクどころか、「リスクを下げる有効な手段」なのだそうです。
複数のスポーツをやるのが当たり前の米国

番組では、「失敗の少ない副業」について日本大学・准教授の安藤至大先生が経済学的に教えてくれました。まず、リスクとは何か。一般的に「危険」というイメージがありますが、経済学でいうリスクとは、「結果にバラツキがあること」だそうです。

ある日社長に呼ばれて「ジャンケンで勝ったら25万の月給を50万円にする。負けたら0円」と言われたとすると、結果にバラツキがあるので「リスクがある」状態です。ジャンケンしないで25万の月給をもらえば、リスクはありません。

面白いのは、橋から飛び降りて確実に死ぬと予測される場合は、「危険」であっても「リスクは少ない」状態なのだとか。結果の良し悪しではないのです。

経済学では副業を持つことは「リスク分散」につながるといいます。例として、若い頃から始めるスポーツの日米の違いをあげていました。日本では、小さい頃から野球だけサッカーだけなど「この道一筋」が普通です。

しかしこれはリスクが高いやり方。野球だけやっていたら、野球が「向いている」か「向いていない」か、どちらかしかありません。まるで「副業厳禁」の会社で働く日本のサラリーマンのようです。

一方、アメリカの高校では1人で複数のスポーツをやるのが一般的。これにより、野球は向いていなかったけどサッカーは向いていた、などの結果が得られるためリスクが小さくなるのだそうです。
「何を・なぜ・いつ・どこで」をチェックすること

安藤先生はこれを踏まえて、「本業への一点投資はリスクが高い。副業は他の事ができるというメリットが考えられる」と解説。これを「分散投資」というそうですが、そう考えると、むしろいまの時代、副業をしないほうが高リスクと言えるかもしれません。

ただし「失敗しない副業」のポイントとして、「何を・なぜ・いつ・どこで」をチェックすること。特に「なぜ」という目的があいまいだと、せっかくの労働が水の泡になる、とのアドバイスでした。

ゲストの高田延彦さんは格闘家として成功を収めていますが、今まで多くの飲食店を開いては潰してきたそうです。始めた動機は「オレが食べたいから」との事ですが、「リタイアした選手の受け皿になりたい」という思いもあり、意外と時間・ストレス・お金がかかり、本業に悪影響を与えたそうです。

「楽しさ」を求めて始めたものの、他の目的も加わり楽しさにブレが生じたことが敗因です。本業に影響のない時間(いつ)・立地(どこで)も併せて考えたほうがいいと、安藤先生は指摘します。

又吉さんは若手の頃、コンビニのバイトは週2・3回にとどめていたそうです。週5日バイトする人は、生活の質は上がるがネタを書く時間が少なくなる。つまり本業の成功に重点を置き、副業は「生活のため」とはっきりしていたのです。

「年間通すと、芸に費やした時間がだいぶ変わってきますよね」

本業とのバランスを考えながら楽しくやること

ちなみに又吉さんは、芥川賞を受賞して以来「お笑いと文章書くこと、どっちが本業ですか?」と訊かれるそうですが、「両方本業」とのこと。ネタを書くことも小説の執筆も「創作活動」として同列なのですね。

時間を本業に絞れば、リスクは分散されませんが、本業への集中度は高まるわけですから、「副業をやれば将来安泰」とならないところが難しいところです。

副業は、やはり本業とのバランスを考えて、自分なりのベストなペースを見つけることが肝心。安藤先生も「気軽に、楽しく」やったほうがいいと言っていました。(文・篠原みつき)

あわせてよみたい:現役を続ける高田純次の「3つの戒め」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。