ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Photoshopで簡単に配色を確認する裏ワザ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(編集部注*2013年3月26日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、デザイナーの王です。

みなさんは写真やイラストを見たときに、「色使いうまいな! どういう色構成をしているんだろう?」と思ったことがあるのではないでしょうか? デザイナーなら誰しもそう思ったことはあると思います。

プロなら肉眼でもぴんとくるかもしれませんが、もっと正確に色構成を確認したい場合もあると思います。例えば、イラストなら最初から配色はできても、写真ではそれが難しいですよね。そこで色構成をチェックをすれば、より理想に近い配色に直すこともできるかもしれません。また、単に配色を確認して色使いを学ぶこともできますよね。

今回はそんな望みを簡単に叶えてくれる、Photoshopのあまり知られていないが意外と便利な機能をご紹介します。

やりかた

今回はこちらの写真を例に使います。

Step 1

「ファイル」から「web用に保存」を選択します。

※ショートカットはcommand + alt + shift + Sです。

Step 2

出てきた画面で、以下の項目を設定します。

ファイルを「GIF」か「PNG-8」に設定
「カラー」にて何色抽出するか選択

すると、カラーテーブルに抽出された色がでてきます。

Step 3

続いて「カラーテーブル」の右端にある逆三角形のボタンを押し、「カラーテーブルを保存」を選択して、actとしてファイルを保存しておきます。

Step 4

「スウォッチ」からactファイルを読みこめば完了です!

問題点

問題点として、次が挙げられます。

・色の数を低く設定した場合、細かい色を抽出できなくなる。
・色分布(各色の占める面積)が分からない

とは言っても、気軽にチェックしたいときには有効なやり方だと思います。

最後に

ちなみに、「PHOTOCOPA」というオンラインツールがあるのですが、URLから画像をロードするだけで配色を分析してくれるので、場合によっては便利です!

これで、配色を確認できるようになりましたね。色を抽出したり、配色を学ぶ参考にしたりして、より良いPhotoshopライフを送ってください。

それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP