ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国会前デモ 読売は賛成デモと同列扱いし産経は外国デモ詳報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さる8月30日の安保法制反対国会前デモ参加者数は数万人に膨れあがった。主催者は「約12万人」、警視庁は「約3万3000人」と発表し、海外メディアも英国BBC、米国CNNはトップニュースで大きく報じた。

 大新聞の国会デモの扱いは社によって大きく違った。安保法案反対論の朝日、毎日、東京各紙は翌日朝刊1面でデモの空撮写真を大きく使い、社会面でも参加者の声を報じたのに対し、法案推進論の読売は第2社会面に控えめに載せた。テレビの報道番組の司会経験が豊富な国際ジャーナリスト・小西克哉氏(国際教養大学客員教授)はその紙面の落差に驚いたという。

「新聞社によって主張や記事の扱いに違いがあるのは健全なことです。しかし、読者に現実を見誤らせるような報道はあってはならない。法案に反対する何万人もの国民に議会が囲まれたという事実は十分大きなニュースであり、海外のメディアも配信した。

 それに対して読売や産経の扱いは過小評価すぎるのではないか。とくに読売が数万人の反対デモと、新宿で行なわれた安保法案賛成派のデモに500人集まったという記事を同列に扱っているのを読んで思わず椅子からズリ落ちました」

 産経は紙面では第2社会面で取り上げ、〈学生団体「シールズ」とは〉とデモの中心となった学生組織に共産党が接近していることや、他の左派グループと衝突があることに焦点をあてて報じたが、異彩を放ったのはネット版のニュースだ。デモの空撮写真を分析し、国会正門前のデモ参加者が多くても3万2000人程度だったと独自に試算。「主催者が発表した12万人にはほど遠い」と“警察発表の勝利”を報じた。

 それだけではない。9月3日付では安倍首相とパイプが太いとされる阿比留瑠比・論説委員がコラムで、

〈主催者発表では約12万人だが、産経新聞の試算では3万2千人程度の参加者にとどまるこのデモが、どうしてそんなに重視されるのか〉

〈チベットやウイグルで反中国政府のデモをするのとは異なり、弾圧も粛清も絶対にされない環境でデモをすることが、そんなにもてはやすべきことなのか〉

 そう朝日、毎日、東京の派手な報道ぶりを批判したうえで、さらに〈安保関連法案に自分の考えで賛成している国民は、全く眼中にないようだ。デモに参加しないという圧倒的多数派の沈黙の意思表示は、朝日にとっては民意に値しないのだろう〉と書いた。

 朝日がデモ参加者の声が世論の大勢であるかのように強調した紙面づくりをしている面は否定できない。しかし、「デモに参加しないという圧倒的多数派の沈黙の意思表示」が法案賛成であると考えている阿比留氏の主張もおかしい。

 当の産経とFNN合同の世論調査(8月15~16日)によると、安保法案の今国会成立に反対が「56.4%」で、賛成の「34.3%」を大きく上回っているからである。産経の世論調査を信用するなら、デモに参加していなくても法案の今国会成立に反対の意思表示をしている人の方が圧倒的多数派になるのではないか。

 ちなみに、産経は日本の国会デモを報じた同じ日の紙面(国際)で、マレーシアでの反首相派のデモ(参加者は主催者発表20万人、現地の警察発表2万5000人)の記事を6段ぶち抜きで大きく報じていた。

 どうして日本国内とマレーシアの反政府デモの報道がそれほど違うのだろうか。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デモは出会いの場 全共闘世代の武勇伝に女子大生「すごい」
安保法案強行採決に首相側近 「支持率下落は想定の範囲内」
6万人集会での大江健三郎氏「原発はいらない!」とにっこり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。