ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若い男子好き大竹しのぶ 三浦春馬に入れ込み「夢のよう…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカ南部のありふれた町のとある雑貨店。がん闘病中の店主の夫に、妻・レイディの関心はまったくない。父の死後、金で買われるように結婚した彼女は、それまで苦汁をなめながらも淡々と過ごしてきた。そんなある日、突然現れた青年・ヴァル。野性味や純粋さを感じさせる彼にレイディの心は奪われていく――。

 1957年にアメリカの劇作家、テネシー・ウィリアムズが発表した『地獄のオルフェウス』を原作に、6月に日本で舞台化。レイディを大竹しのぶ(58才)、ヴァルを三浦春馬(25才)が演じ話題となった。

「大竹さんは稽古中も公演が始まってからも“とにかく楽しい”“夢のよう”って、舞い上がっていました。三浦さんにかなり入れ込んでいたんです…」(舞台関係者)

 大竹といえば、明石家さんま(60才)、野田秀樹(59才)ら有名人との騒動で知られる、元祖「共演者キラー」。とうとう、娘・IMALU(25才)と同世代も射程距離になったようだ。

 先日、親友の渡辺えり(60才)、キムラ緑子(53才)と一緒に出演した『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、共演した年下男性を好きになってしまうという話になり、春馬とのことをこんなふうにぶっちゃけた。

大竹「私もこの間まで三浦春馬くんと(共演して)…」

キムラ「あれもよかった~。好きになったでしょう?」

大竹「いいなぁ、って思うけど、娘が見たら“嫌だ、ありえない”って(苦笑)」

 淡い春馬への恋心はそうして止められたものの、大竹の年下好きは噂になっている。

「嵐のコンサートで見かけたと思ったら、ゴールデンボンバーやRADWIMPSのコンサートでも見かけます。芸能人は、関係者席ではあまり席を立たないし、座りながら腕組みをして見ているんですが、大竹さんは立ってジャンプしながら全身で楽しんでいるんですよ。フェスなどにも行っているそうですから、本当に音楽が好きなんでしょうね。

 そしてコンサートが終わるとたいてい楽屋に行くんですよ。“はじめまして”でも、彼女は“感動を伝えたい!”って。そして会うなり抱きつくことも、最近では珍しい光景ではなくなったようです。ご飯を誘うこともあって、どんどん仲良くなっていくんですよ」(音楽関係者)

 そうして大竹が親しくなったのが嵐の松本潤(32才)や二宮和也(32才)、吉高由里子(27才)の元カレで宮沢りえ(42才)とも恋バナが取り沙汰されたRADWIMPSの野田洋次郎(30才)らだ。鬼龍院翔(31才)とはCDで共演し、鬼龍院とback numberの清水依与吏(31才)が親しいと知るや「私も一緒にご飯に行きたい」と言い、実際3人で食事することになったという。

「大竹さんはキムラさんとかと“しのぶ会”というのを開いているそうです。もちろん、呼ぶのは“若い男の子”だそう(笑い)」(前出・音楽関係者)

 前述した『ボクらの~』では、しのぶ会についても語っていた。

大竹「一緒に共演した人たちが来て、すごく優しくしてくれるんだよね」

 キムラはその時のことを思い出してか興奮気味に語った。

キムラ「向こうはどう思ってるんですかね。聞きたいわ。私は十何個も下の男の子のことすごく好きだけど」

※女性セブン2015年9月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮沢りえ・松たか子同盟に りえの天敵・大竹しのぶ「ギョッ」
「お江」主人公・上野樹里 馬に友達のように話しかけていた
熱愛報道の2人の共演 城田&西内、梅宮アンナ&武田修宏も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。