ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐野眞一氏 「SEALDs」らのデモと「60年安保」の違いを分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国会前を若者たちが埋め尽くした。戦後を知る者の脳裏をかすめるのは、今から55年前、「60年安保」として記憶される季節ではないか。当時首相の岸信介が強行した日米安保改定に抵抗した全学連(全日本学生自治会総連合)、その委員長が唐牛(かろうじ)健太郎だった。9月14日発売の週刊ポスト(9月25日・10月2日号)で、ノンフィクション作家の佐野眞一氏が、唐牛の生涯を辿りながら戦後日本を照射する連載を開始した。佐野氏はその冒頭で、2つの安保闘争の差異についてこう綴っている。

 * * *
 こんな光景を間近に見たのは、半世紀ぶりだろうか。青山墓地にほど近い青山公園。旧陸軍の射撃場跡地と引揚者住宅跡地を整備した公園を出発地点として8月23日、安保法制化に反対するデモが開かれた。

 普段、集会は国会議事堂前でも開かれる。この青山公園のデモは、主催者発表で6500人だったが、翌週日曜日の8月30日の国会前の抗議行動には、主催者側発表で12万人もの参加者が集まった(例によって警察発表はこれよりずっと少ない3万人)。

 この集会を企画した中心メンバーは、「SEALDs」という10代から20代の都内の学生組織である。大学教授などの学者グループや子育て世代の女性たちも参加しており、ベビーカーを押す主婦たちも目についた。また、杖をついた年配者も少なくなかった。

 若者たちは鐘やドラムを叩き、そのリズムに合わせて「戦争法案いますぐ廃案」というラップ調のシュプレヒコールをあげる。

 何もかも50年以上前の安保闘争とは様変わりしていた。デモを規制する警官隊は数名いたが、デモにつきものの機動隊員の姿はなかった。道路脇の装甲車の中で休んでいる機動隊員たちの姿が、このおとなしいデモを象徴していた。私などの世代はデモ=乱闘というイメージがあるが、彼らは整然と行進し、渋谷で流れ解散となった。

 60年安保では、出発するや先頭に立って警官隊と対峙したデモ隊員は必ず逮捕された。「ワッショイ」の掛け声とともに、警官隊は間髪容れず「逮捕」の命令を出した。それだけに先頭のデモ隊員の目は血走り、誰もが青ざめて思いつめた顔をしていた。ところが、「SEALDs」のメンバーの中にそんな表情をした者は誰もいなかった。

 服装もまったく様変わりしていた。60年安保闘争時代は、ほとんど全員が学生服姿だったが、「SEALDs」のメンバーは、Tシャツなどカジュアルな服装ばかりだった。女子学生らしい若者が雑談するのが聞こえた。

「みんな戦後70年を迎えたといっているけれど、このままいったら今が戦前になっちゃうかもしれないじゃん」

 60年安保当時、私は東京・下町の中学に入学したばかりだった。家では買ったばかりのテレビの前で、国会前を埋め尽くした学生デモの映像ばかりにかじりついた。どんなドラマよりも、安保闘争の映像の方がアドレナリンをたっぷり放出させてくれたからである。
 
「SEALDs」のスローガンは、「安保反対! 安倍はやめろ」とごく穏当だったが、60年安保のスローガンは「安保粉砕! 岸(信介)を倒せ」と殺気だっていた。いや、「岸を倒せ」というシュプレヒコールはむしろ少数派で、「岸を殺せ!」という声の方が多かった。

 黒々とした国会議事堂をバックに学生たちが蟻のように国会周辺に群がる姿は、いま自分は日本が変わる瞬間を見ているんだ、という興奮を呼び覚まし、居ても立ってもいられなかったことを今でも鮮明に覚えている。

『警察庁長官の戦後史』(鈴木卓郎・ビジネス社)によると、60年安保闘争に参加したのは全国で約463万7千人、一日の最大動員数は約50万人、出動した警察部隊は約90万人、逮捕者約900人、警察官の負傷者は約2千400人に達したという。

 13歳になったばかりの私は、幼稚な思いかもしれないが、「これはもしかすると本当に日本に革命が起きるかもしれない」と考えて異常に興奮し、眠れない夜を幾晩も過ごした。

 今にしてみれば、60年安保は私が日本という不思議な国を考える最初のきっかけとなった。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デモは出会いの場 全共闘世代の武勇伝に女子大生「すごい」
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
安保法案に反対する学者たちが「ケンカを買った」 その余波

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。