体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱い視線にドキッ!海を見つめる巨大な瞳に込められたメッセージとは?

eyes00

フランスの海岸に現れた巨大な瞳

eyes09

しっかりと描きこまれたリアルさに、思わずどきっとしてしまう。

しかし、これはただ人を驚かせるための作品ではない。

制作したのは、フランス人アーティストのCyrille Corlaysさん

nautilというアーティスト名でもお馴染みのCorlaysさんは、これまでもメッセージ性の強い巨大壁画を、いくつも手掛けてきた人物。

eyes02

この瞳が描くために使われたのは、第二次世界大戦のときに使用された小型要塞の残骸。

eyes01

過去と現在、自然と人間を結びつけるために、この作品を制作した。

「人間は愚かなことをしてきたし、今もし続けている」

eyes06

Corlaysさんによれば、瞳の中には、すぐそばにあるラ・アーグ核燃料再処理場のシルエットが映っているという。

nautil
http://www.aerosoleil.fr/

アート(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。