ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感情のコントロールが上手くなる「5つの習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

嫌なことがあると、イライラして人に当たってしまう。情緒不安定になることは、誰にでもあります。でも工夫次第で、それは克服できると、ライフコーチのAmelia Harvey氏は指摘します。
彼が紹介している「5つの習慣」。これらを心がけることが、その打一歩かもしれません。

01.
突然の出来事に
“反応”するのではなく
少し考えて“対応”する

反応するというのは、あるものごとに対して感情がはちきれそうになる瞬間を指します。たとえば、状況が変わった時や、人に対して苛立った時につい汚い言葉を発してしまうのがこれ。
そうではなく、少し考えて対応することでトラブルを避け、尊敬を集めることができます。

02.
過去にこだわらず
新しいスタートを切る

新しい仕事を手に入れるため面接にいったものの、断られたとき。当然、落ち込むはず。その時に大切なのは、この感情としっかりと向き合うこと。そうでないと常に過去を掘り返し、なんども嫌な気持ちになります。失敗したという、後ろ向きな思いを他の面接にも感じてしまうのです。
過去に囚われず、いまの瞬間に集中すれば新しい視点を持てます。いまこの瞬間に、新しいスタートを切るよう意識するのです。

03.
自分の好きなことを
リストにして
毎日実施する

自分の気分をよくすることを、書き出してリストをつくりましょう。そのリストに記載されていることを、毎日1つは行うように。物事の大小は関係ありません。気分がよくなることをして、自分を大切にするのです。

04.
音楽に合わせて
カラダを動かす!

音楽を聴きながら、リズムに合わせてカラダを動かす。最初は少しぎこちないかもしれません。でも、お気に入りのプレイリストをつくって思うままに踊りましょう。カラダを意識的に動かすと、感情も落ち着いてきます。

05.
些細なことに感謝するため
毎日3つ
ありがとうを口にする

感謝の気持ちを育てるためには、毎日3 回、ありがとうと口にすること。感謝していることを夕食時や就寝前に、パートナー、家族、同居人などとシェアすることが大切です。
また、日記に日頃の感謝を書いたり、小さな紙にお礼の気持ちを書いて瓶に入れるのも◎。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

不安を克服する、3つのコツ。「ピンクの球体」や「風船」をイメージしよう
「8種類の靴下」で性格診断!アナタはどれを選ぶ?
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP