ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Mega OnはSnapdragon 412を搭載?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ GeekBench の公式サイトに Samsung が今後発売する「Galaxy Mega On」こと「SM-G6000」の情報が登録されていました。SM-G6000 は以前、AnTuTu が公開したスペック情報で Snapdragon 410 プロセッサ(MSM8916)を搭載しているようだったのですが、今回の情報では同じ「MSM8916」を搭載しているものの、CPU のクロック数が 1.4GHz に引き上げられています。Snapdragon 412 は Snapdragon 410 から CPU クロック数を引き上げた改良版として発表されており、Galaxy Mega On にはこの最新 SoC が採用されている可能性があります。CPU 以外の情報については、Android 5.1.1(Lollipop)や 875MB の RAM を搭載しています。ベンチマークのスコアは、シングルコアテストが 460 点、マルチコアテストが 1,367 点でした。Snapdragon 410 を搭載した Galaxy E7 が 351 点(シングルコア) / 1,047 点(マルチコア)でだったので、スコア的には既存モデルよりも高いようでした。Source : GeekBench

■関連記事
Google Playストア v5.9では2G/3G接続の場合、アプリページのスクリーンショットを手動でダウンロードしないと表示されない
JAL、国内線のJAL SKYWi-FiのAndroidアプリをリリース
中国 MlaisがAndroid Wearスマートウォッチの発表を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP