ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【特集】何かが溢れ出す… 旅中に感情的になった瞬間

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
philippines

Photo credit: Nakano Takayuki「当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー

こんにちは! TRiPORT編集部です。今回の特集のテーマは「旅中に感情的になった瞬間」です。自分が想像していた範囲から何かが飛び出した瞬間に、人の感情は揺れ動くそうですが、旅好きライターの皆さんは、一体どのようなエピソードを思い出したのでしょうか。

■常に悪臭が漂うスモーキーマウンテン

冒険女子アオノトモカさんは、フィリピンのスモーキーマウンテンでのエピソード。そこにはゴミの中から廃品を回収し生計を立てる「ガベッジピッカー」が暮らしています。ガベッジピッカー達が暮らすコミュニティには、常に悪臭が漂っている状態。そして、そこで見た驚きの光景とは…(続きはこちら

■「ビデオパーティーをやるから来なよ!」

DSC05628

Photo credit: Hiyori Nishimura「アメリカで最も美しいキャンパスを誇るロングアイランド大学Post キャンパスを見学!

Seinaさんは大学の夏休みを利用したニューヨークへの短期留学でのこと。ある日、寮の部屋で本を読んでいると友人が「ビデオパーティーをやるから来なよ!」と呼びにきました。「???」と思いながら行くとそこには憧れのアレが…。なぜSeinaさんは思わず涙ぐんだのでしょうか。(続きはこちら

■いろいろな表情を持つ旅の提案

Photo credit: Hiroaki Takeuchi「ロンドン小旅行」

Photo credit:Hiroaki Takeuchi「ロンドン小旅行

YOKOさん過去に楽しいはずの海外旅行中に、日本での仕事のトラブルや友人とのトラブルが起きました。そしてあるものを忘れに行くための旅に出たこともあります。それらの経験から、風に吹かれながら物思いにふけるいろいろな表情を持つ旅の提案をしてくれました。(続きはこちら

■目の当たりにした20年前の悲惨な出来事

筆者撮影

Photo credit: 新田浩之

新田さんはクロアチアにあるヴコヴァルに行ったときのこと。銃撃で蜂の巣のようになったボロボロの建物など、様々な戦争の傷跡を見て、あまりのショックに涙も出なかったそう。たった20年前にそのような悲惨な出来事がこの場で起きたことが受け入れられなかったのです…(続きはこちら

■国境を越えた旅ならではの心のざわつき

Eri Iwasa 「弾丸NY」

Photo credit: Eri Iwasa 「弾丸NY

小林さんは日本で日々生きていても、さまざまな感情の波に翻弄されることがありますが、一歩日本を出ると、よりそのような瞬間を味わうことも少なくないと話します。彼女が体験した国境を越えた旅ならではの、なんともいえない心がざわつく瞬間とは…(続きはこちら

Photo by: Hiroaki Takeuchi「ロンドン小旅行

関連旅行記

*Nakano Takayuki「当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー
*Hiyori Nishimura「アメリカで最も美しいキャンパスを誇るロングアイランド大学Post キャンパスを見学!
*Hiroaki Takeuchi「ロンドン小旅行

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。