ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行ムック編集長 国営ひたち海浜公園と伊東ホテル聚楽推薦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待ちに待った大型連休が到来! 今年のシルバーウイークは5連休。お出かけにぴったりの日程ですが、今から宿をとるのはちょっと難しそう…。そんなあなたに朗報!

 国内のお出かけスポットや宿泊情報を紹介している『じゃらん』で、ムックを担当している宮下さんが厳選したイチオシスポットを教えてくれました。日本の穴場スポット、こんなにありました!

「親子・孫の三世代旅が、とにかくオススメです。おじいちゃん、おばあちゃんは孫の相手もできますし、親も自分の時間を持てる。三世代で行くと気持ちにも余裕が持てるんです」(宮下さん、以下「」内同」

 宮下さんがセレクトしたのは、以下の3つのスポットだ。

【1】国営ひたち海浜公園

「東京から電車で約85分。茨城県ひたちなか市の『国営ひたち海浜公園』にある、みはらしの丘が、私のイチオシです。ここには、“コキア”と呼ばれる植物が一面に植えられていて、シルバーウイークには少しずつ色づき始めてとてもきれい。9月下旬から本格的に紅葉を迎えます」

 コキアは和名ではホウキグサと呼ばれ、9月下旬から10月上旬にかけ、赤く色づいていく。JR常磐線・勝田駅からバスで約20分。

【2】伊東ホテル聚楽

「三世代はもちろん、まとまった休みはとれないけれど、日ごろの疲れをとりたい人には、やっぱり日帰り温泉がオススメです。静岡県伊東市にある『伊東ホテル聚楽』では、宿泊しなくても、温泉と食事のついたプランがあるんです。1泊旅行には時間がないとか、シルバーウイークにまだ宿泊予約をしていなくても、昼食や夕食で地元の旬の味が、しかも個室で味わえるから狙い目。こういうプランのあるホテルも増えているので、行きたい場所で探して」

 同ホテルでは、美肌効果の高い温泉と近海で獲れた海の幸をふんだんに使ったバイキングなど、日帰りでも宿泊気分に。じゃらん価格で4100円~。JR、伊豆急行・伊東駅送迎あり(時間は確認を)。

【3】小菅の湯

「今年は関東近郊でも道の駅が続々と新設されています。3月にオープンした山梨県の『道の駅こすげ』は、高アルカリ性の温泉『小菅の湯』も隣接。その他、群馬県玉村町には肉の市場があり、5月にオープンした『道の駅 玉村宿』では、肉のグルメが満喫できるなど、道の駅はもはやわざわざ出かけても楽しめるスポットです」

 同湯は豊かな森林に囲まれ、水の美しい多摩川源流の山の中にある秘境感たっぷりの道の駅に隣接する。村の名産を使った創作料理が味わえる「源流レストラン」も人気。中央自動車道大槻ICから車で30分。

※女性セブン2015年9月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都の道の駅 「スプリングスひよし」の名物はダムカレー
併設の割烹料理店の料理が味わえるラブホ評論家推薦の一軒
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP