ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山田太一氏が70代になって考えたことを書いた随筆の再編集本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『夕暮れの時間に』/山田太一/河出書房新社/1600円+税

 これまで数多くの名作テレビドラマの脚本を手掛けてきた著者が、70代となって考えたことを書き綴ったエッセイを再編集。幸福にまつわる話から、かつて訪ねた街の話、観た映画や読んだ本で感じたことなどテーマは様々ながら、2013年には〈その動機が正当だとしても、プライドや利権のために戦争をはじめたら、その犠牲は計り知れない〉。だから政治家は〈戦争を外交で避け切る人たちであって欲しい〉と、その思いを記している。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
戦争を回避することがでなかった理由を紐解く『昭和史講義』
「戦争ができる国作り」が進む日本の現在の状況を分析した本
「ヒゲの隊長」佐藤正久氏選ぶ戦争映画は『明治天皇と日露大戦争』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP