ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

仕事外の飲み会で、年上女性にいつの間にか嫌われる発言

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

仕事関係以外で、5歳以上年上の女性と飲み会で一緒になったとき、どんな話をしたらいいか悩みますよね。
もしかして、年齢を気にするあまり、知らずに嫌われる発言をしていませんか?
尊敬の念を伝えたくて持ち上げているつもりでも、相手にとっては不快で余計な一言かもしれません。

「私ホント気が利かなくて……すみません」

仕事の場でもないのに、年上女性がやっていることに対して必要以上にへりくだるのはNGです。
空いたお皿を片づける、遅れて来た人におしぼりを頼む……。
こんな当たり前のことをしただけで、年下女子から謝られてしまっては、周りの男性に「いじめるなよー」「仕事じゃないんだからー」などと言われかねません。
本当に悪いと思って言ったとしても、年上女性が居心地の悪さを感じてしまうでしょう。
自分は気が利かないなと感じたのなら、「これからは率先して動こう」と心のなかで思って、その場では「ありがとうございます!」だけでいいのです。

「どうやったら○○さんみたいになれるんですか」

尊敬しているニュアンスの質問は、ふたりで飲んでいるときに聞くのは好印象です。
でも、男女複数の飲み会では控えるべき。
他意はなくても、それまでの会話で「30歳までに結婚したい」「子供はふたりほしいかなー」なんて話をしていたら、「アラサーで彼氏なしの私に対しての嫌味?」などと苦笑されてしまう可能性も。
逆に「25歳越えたら、年齢なんて大差ないですよ!」と、年の差を気にしていないアピールもやめておきましょう。
仲よくなりたい一心でも、年上女性からは「さすがに同じじゃない……」と冷たい視線を受けることになります。

「彼と結婚しないんですか?」

彼氏がいないと言っているのに、この質問をする人はいないと思いますが、「彼氏がいてラブラブだ」という話を聞いたとしても、こちらから聞くべきではありません。
「ラブラブ=結婚」と考えていないかもしれないし、裏を返せば、アラサーでラブラブなのに結婚していないのだから、何か理由があるのかもと察するべき。
「したいのにできないんだよ!」と心のなかで舌打ちされないよう、でしゃばった質問は避けましょう。

飲み会では、必要以上に上下意識を持たない

尊敬している部分や見習いたいことを話したいのであれば、飲み会などのノリでは聞かずに、ふたりきりのときに取っておきましょう。
年上女性は、仲間内での自分のポジションを心得ています。
元々アネゴ気質の人なら問題ありませんが、飲み会を普通に楽しみたいと思っているのに、年下女子の出現により変に先輩ポジションへ持ち上げられたくありません
旅行の話、おすすめの映画、使っている化粧品の情報交換など、年齢を気にしない話題はいくらでもあります。
必要以上に気を遣わずに、同じ女同士としてその場を楽しめる余裕を持ちましょう。
image via Shutterstock
(ブリトニー安江)


(グリッティ)記事関連リンク
はっきり言わないけれど、次を期待している男性のアピール
友だちが彼氏代わり? 独身女子だけでつるみすぎると危険シグナルが鳴る
男性が「秋に出会った子」とはつきあいを長続きさせたいと思うワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。