ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お昼寝しても自動モニター!「 Jawbone UP」が大幅ソフトウェアアップデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウェアラブルデバイスの開発に力を入れるアメリカ企業Jawboneから、フィットネ・ストラッカーUPシリーズのソフトウェアの大幅アップデートが発表され、付けっ放しで寝てしまってもウェアラブルが自動的に睡眠モニターする機能が追加された。

・人気のフィットネ・ストラッカーの大幅アップデート

フィットネ・ストラッカーUPシリーズは、「睡眠」「運動」「食事」を簡単に管理できるアクセサリー感覚のウェアラブル。

UP2、UP3そして最新版UP4は、疲れて寝てしまったり、お昼寝をしても、ユーザーが睡眠の開始をセットすることなく、ウェアラブルがその体調変化を自動測定するようになった。

さらに、翌朝起きる時間になるとスマホと連動しアラームを鳴らすので、便利だ。

・ユーザーの睡眠導入を自動モニター

従来の心拍測定器もより感度を強化し、日中座っている時などユーザーの動作の遅い瞬間を測定。朝一番の脈拍を測るより、リアルなデータを集計できる。

最新鋭のウェアラブルデバイスとして、日本でも人気のUPシリーズ。

現在アメリカ国内のみで取扱中の最新版UP4(販売価格199ドル)は、アメックスカードと連動しペイメント機能も搭載しているそうで、日本上陸の時期も気になるところだ。

Jawbone UP2 UP3 UP4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP