ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お月見にはどうしてお団子を供えるの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

https://lh3.googleusercontent.com/-JfQhxm3c2iE/Ve53wW_wGmI/AAAAAAAAAqY/XYgVvG1xRdU/s537-Ic42/150913.PNG
旧暦8月15日、現在の新暦9月15日前後の満月のことを“十五夜”と呼びます。このときの満月が秋の中でもっとも明るく美しいとされ、中秋の名月とも言われています。そんな名月を愛でるお月見の風習は古くからあり、多くの詩歌や俳句の題材にもなってきました。そして、月見には美味しいお団子がつきもの。では、なぜ月見にお団子をお供えするようになったのでしょう?

もともとお月見は収穫を祝う行事でした。そこで実りの象徴である月に里芋や豆類をお供えし、その年の収穫に対する感謝を捧げていたのです。
それが現在のようにお団子をお供えするようになったのは江戸時代になってから。里芋や豆類をお供えするのと同じように、その年に多くの米が収穫できたことを感謝して、米を粉にして丸めて月に見立てたものをお供えするようになったのです。
お月見のお団子といえばピラミッドのような山形に盛られているものを連想しがちですが、関西で月見団子といえば紡錘状の白玉をアンコで包んだものが主流。地方によっては現在でも里芋やさつまいもをお供えするところがあり、十五夜は別名「芋名月」とも言われています。
また、十五夜から約1ヶ月後の旧暦9月13日、現在の新暦10月13日前後の満月は「十三夜」と呼ばれ、十五夜に次いで美しい月が見えるとされています。この日にもお月見を楽しむ風習があり、十三夜のお月見では栗や枝豆をお供えすることから、「栗名月」「豆名月」とも言われています。

今年2015年の十五夜は9月27日、十三夜は10月25日。夜空が晴れてくれるといいですね。
現在では1年の実りや収穫を実感するようなことはなくなってきたかもしれませんが、夜空に浮かぶ月を見上げ、日常の雑事を忘れて自然の美しさに思いを馳せる日としてお月見を楽しむ気持ちは持っていたいものです。お団子と一緒にこの時期に採れた旬の野菜や果物をお供えして、下げたものを美味しくいただくのもお楽しみのひとつです。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。