ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サーフィン 石丸謙二郎は日本2位で石原伸晃氏は1回2kg減量

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のサーファー人口は100万人ともいわれ、人気のスポーツだ。木村拓哉・工藤静香らサーフィン好きの芸能人は多いが、政治家枠からはこんな人がエントリー。

「サーフィンは1年中できますが、夏は暑すぎるし、人も多い。おすすめは9月からです」と、自民党衆議院議員・石原伸晃さん。サーフボードを積み込んだ軽トラを自ら運転し、葉山の海へ向かう。

「意外ですか? こう見えてもサーフィン歴30年。最近はパドルを使ってボードを漕ぐSUP(スタンドアップパドル)が面白い。

 サーフィンよりも体力の消耗が少ないから、女性におすすめですよ。 ミネラル豊富な海水は肌にいいみたいですし、ウェットスーツを着ていると大量に汗もかくから、1回で2kgくらいやせるの。ダイエットにもなりますよ(笑い)」(石原さん)

「ウインドサーフィンは、風が命。特に秋の風がいいんです」

 そう語る俳優の石丸謙二郎さんは、ウインドサーフィンのスピード記録、日本歴代2位の実力を誇り、世界中の海でウインドサーフィンを楽しむ。

「風に乗って海の上を走るのは気分爽快! 体を激しく動かすわけじゃないから、ビギナーでも初日から100mくらい進めることもある。ウインドサーフィンは40代からはじめる人も多い。まさに、大人のためのスポーツだと思います」(石丸さん)

 気分爽快、ダイエットにもいいこといっぱい。この秋、サーファーデビューしてみる?

※女性セブン2015年9月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サーフィン男 妻の祖母の葬儀(海岸近く)にボード持ち込む
竹鶴政孝と妻・リタの名を冠にした缶入りハイボールが発売
携帯写真をお正月っぽくデコれる年賀状メールおすすめサイト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP