ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【江戸のクイズ】歌舞伎界で知られた「悪役の第一人者」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歴史を知ると見えてくるものがある。たとえば江戸時代も人々は現代と変わらぬ「出世競争」に明け暮れていた。

 そんなことがわかるのが、今年で10回目を迎える江戸文化歴史検定(江戸検/11月3日実施)。頂点の1級は受検者総数4万2000人中、合格者わずか250人という超難関だ。ここでは、江戸の庶民から“出世”した成功者たちに関する模試に挑戦していただこう。

【問1】日本初のデパートとして知られる三越の前身であり、「現銀(金)掛値無し」の新商法によって江戸最大の呉服屋となった店は、どれでしょう?

(い)長崎屋 (ろ)近江屋 (は)三河屋 (に)越後屋

【問2】私は当時、名門の生まれでないと大役につけなかった歌舞伎界で、浪人の子でありながら芸道に精進し、独自の境地を拓いてついに千両役者になりました。「仮名手本忠臣蔵」五段目の斧定九郎が当たり役で、実悪(真に迫った悪役)の第一人者として知られた私は誰でしょう?

(い)初代市川団蔵 (ろ)初代中村仲蔵 (は)初代市村羽左衛門 (に)7代目市川団十郎

【問3】寛永10年(1633)、拷問を受けて棄教したポルトガル人宣教師は、日本人妻を娶って沢野忠庵と名のり、宗門目明し(役人の手先として捜査・逮捕に協力した者)となってその後20年間もキリシタンの取り締まりにあたりました。遠藤周作の代表作『沈黙』にも登場する、この宣教師は誰でしょう?

(い)ジョバンニ=バチスタ・シドッチ (ろ)ルイス・ソテロ (は)クリストバン・フェレイラ (に)ルイス・フロイス

 正解は下に。






【正解】
【問1】(に)。三井越後屋を営んだ三井高利は伊勢松坂の出身。江戸名物として「伊勢屋 稲荷に 犬の糞」といわれたほど、江戸には多くの伊勢商人がいた。「現銀(金)掛値無し」は、掛け値(本来の値段より高い値段)ではなく公正な価格で、店頭で即金で販売すること。掛け売りが普通だった江戸時代に、大成功を収めた。高利は両替商も営んで繁盛した。日本橋三越本店は創業以来の土地。

【問2】(ろ)。中村仲蔵は日本舞踊の志賀山流家元の養子となり、歌舞伎の世界に入った。門閥のない下働きから出発し、逆境と戦いながら実力で出世し、看板に名前がのる名題役者に上り詰める。仲蔵の成功談は落語「中村仲蔵」にもなっている。

【問3】(は)。慶長14年(1609)ごろ長崎に上陸して関西で布教していたフェレイラは、「天正の少年遣欧使節」のひとりとして知られる中浦ジュリアンとともに、穴吊りの拷問にかけられて棄教(ジュリアンは殉教)。のちにキリスト教批判の書『顕偽録』を著わしたほか、科学書なども執筆して蘭学の発展に寄与した。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
荒俣宏が慣れ親しんだ東京の遺物を思い出も含めて語った大書
海老蔵の「にらみ」は歌舞伎界で成田屋にだけ伝わるワザ
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP