ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の伝統文化を進化させた、西洋式”魚拓アート”が新鮮!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

魚の大きさを記録するため、墨を塗って和紙に姿を写す魚拓は、日本の伝統的な技術。

釣りをする人にはおなじみかもしれない。

そんな日本独自の文化を、アート作品に取り入れたのがアメリカ人画家、Heather Fortnerさん

まるで生きているような躍動感!

学生時代にハワイで魚拓と出会った彼女は、魚の姿をそのまま写し取る技法に感動。

海に関わる仕事に携わっていたこともあり、彼女は仕事や旅先で出会った魚の姿を、魚拓に取り始めたという。

その後、来日し、魚拓の取り方を学ぶなどの経験を経て、画家として本格的に活動を始めた。

現在は自然豊かなオレゴン州でスタジオを構え、魚拓の技法を取り入れたアート作品を制作し続けている。

海外のアート作品に取り入れられた伝統技術は、改めて日本の文化が持つ力を思い出させてくれる。

Heather Fortner
http://heatherfortner.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP