ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋が旬!サンマにいくら…東北の海鮮満喫ドライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋と言えばやっぱり脂ののったサンマ…はもちろん、それ以外にも
魅力的な海の幸が東北にはたくさん!
さばにいくらに戻りカツオといった海の幸と一緒に温泉や地元グルメが楽しめるドライブコースを紹介します。
じゃらんオリジナルメニューもあるのでぜひお早めにお出かけください♪

1.【サンマ】宮城県気仙沼市 9月に水揚げされるサンマは大型のものが多く、太って脂ののりも抜群

旬に地元のスローフードで
●食べ頃:9月~11月
気仙沼のサンマは大型で脂ののりが良く美味しいと評判。9月から11月には毎日何百トンもの水揚げがあり、地元では塩焼きだけでなく刺身やつみれ汁、甘露煮など手をかけた調理で食べられている。

お魚いちば 鮮

塩焼き・刺身・つみれ汁・甘露煮!4種の料理でおいしさ再発見

新鮮で身が締まっているので包丁もスーッと入る ※水揚げ状況によりサンマがない場合もありますのでご了承ください

じゃらんオリジナルさんまづくし定食1620円:塩焼きと刺身に旨みが凝縮したつみれ汁やご飯がすすむ甘露煮が付く

新鮮な海の幸や種類豊富な加工品、お土産品を販売する「お魚いちば」内にある

魚市場は目の前、お魚いちばで販売する魚と一緒に仕入れるので鮮度の良さは折り紙つき。身がふっくらしてジューシーな塩焼きはもちろん、しこっとした歯応えと共にとろける甘さが口に広がる刺身など、生産地だからこその味を堪能しよう。

お魚いちば 鮮(せん)
TEL/0226-29-6233
住所/宮城県気仙沼市港町2-13
営業時間/レストラン10時~21時(市場11月~3月は8時~17時30分)
定休日/なし
「お魚いちば 鮮」の詳細はこちら

気仙沼プラザホテル

湾を眺めながら浮遊浴

晴れた日には大島まで眺められる露天風呂

温泉は地下1800mから湧く高濃度の塩化物泉で、湯に浸かると体が軽くなる浮遊感がある。高台にあり、露天風呂から港町の風情と海の眺望が楽しめる。

気仙沼プラザホテル
TEL/0226-23-1313
住所/宮城県気仙沼市柏崎1-1
営業時間/日帰り入浴12時~16時(最終受付15時)、19時~22時(最終受付21時)
定休日/日帰り入浴は不定
料金/大人800円、3歳~小学生400円
「気仙沼プラザホテル」の詳細はこちら

焼肉ハウス ジャンジャン

気仙沼ホルモンもぜひ!

新鮮だから焼いてもプリッとして柔らか 気仙沼ホルモン定食980円 ※平日のみ提供:小腸、大腸、タンなどにこめかみの部分も加えた9種類の部位が入る

ホルモンの後にはひんやり甘いアイスがぴったり

漁師が広めたという気仙沼名物のホルモン。ニンニク味噌に漬け込んだ生の豚モツをこんがり焼いて、ウスターソースをかけた千切りキャベツと一緒に食べる。キャベツはおかわりOK。

焼肉ハウス ジャンジャン
TEL/0226-23-3038
住所/宮城県気仙沼市神山1-6
営業時間/11時~14時、17時~23時(LO22時45分)
定休日/月
アクセス/車:東北道一関ICより1時間20分
駐車場/20台

<おすすめドライブコース>
お魚いちば 鮮
↓徒歩すぐ
気仙沼プラザホテル
↓車で6分
焼き肉ハウス ジャンジャン

2.【戻りカツオ】岩手県大船渡市

マグロのトロにも似た旨さ
●食べ頃:9月~11月中旬
春から初夏に黒潮に乗って北上したカツオが、栄養を蓄えて9月頃から三陸沖に帰ってきたもの。脂がのって濃厚な風味がありトロカツオとも呼ばれている。地元では寿司ネタにも利用されている。

道の駅 さんりく

三陸の旬の魚介が豊富!

特産のホタテは肉厚でヒモまでおいしい 柿ミックスソフトクリーム(280円)

新三陸トンネルを出てすぐ

鮮魚コーナーには大型水槽があり、ホタテなどの海産物を生きたまま販売している。農産品も豊富で、特産の「こえだ柿」を使ったソフトクリームも人気。

道の駅 さんりく
TEL/0192-44-3241
住所/岩手県大船渡市三陸町越喜来字井戸洞95-27
営業時間/売店8時30分~19時、鮮魚8時30分~17時、ファストフード9時~19時(1月1日~3月15日は~18時)、食事処11時~LO17時30分
定休日/なし
「道の駅さんりく」の詳細はこちら

鮨・一品料理 山福

捌きと握りの技が引き出す濃厚でまろやかな旨み

戻りカツオの握り300円(2貫)期間/~10月中旬位:生姜の爽やかな香りと辛みがカツオの旨みを引き立てる

大船渡屋台村の広場では20店舗ある屋台から持ち寄って飲食できる  

東日本大震災で被災し、現在屋台村で営業中

「本場に来たのならぜひ食べてみて」とご主人が勧めるのが戻りカツオの寿司。ネタに艶があり美しいピンク色なのは新鮮だからこそ。とろっとした舌触りでクセがなくコクのある甘さは、まさにトロのよう。酢飯と一緒に頬張る幸せを噛みしめて。

鮨・一品料理 山福(やまふく)
TEL/0192-27-9172
住所/岩手県大船渡市大船渡町字野々田19-1 大船渡屋台村内
営業時間/11時30分~13時30分、17時~22時
定休日/水
アクセス/車:釜石道宮守ICより1時間15分
駐車場/60台

かあさんのおもてなし 喜楽

丁寧な仕事のおでん

おでん盛り合わせ500円、イカの丸煮400円

大船渡屋台村内にあるおでんの店。丁寧に下ごしらえをし、北海道産の昆布をふんだんに使ったダシの利いたおでんは、しみじみと体に染みる優しい味わい。

かあさんのおもてなし 喜楽(きらく)
TEL/090-6459-5953
住所/岩手県大船渡市大船渡町字野々田19-1 大船渡屋台村内
営業時間/17時30分~23時
定休日/火
アクセス/車:釜石道宮守ICより1時間15分
駐車場/60台

大船渡温泉

太平洋が一望の温泉

潮風を感じながら浸かれる露天風呂も爽快 内湯からも海の景色が眺められ、薬湯の湯船もある

大船渡湾の入り江を見晴らせる場所に立つ、2014年にオープンした宿泊施設。太平洋を望む展望風呂に癒やされると好評で、日帰り入浴の利用も多い。

大船渡温泉
TEL/0192-26-1717
住所/岩手県大船渡市大船渡町字丸森29-1
営業時間/日帰り入浴11時~21時
定休日/なし
料金/日帰り入浴大人430円、小学生150円、小学生未満70円
「大船渡温泉」の詳細はこちら

<おすすめドライブコース>
道の駅さんりく
↓車で30分
鮨・一品料理 山福
↓徒歩すぐ
かあさんのおもてなし 喜楽
↓車で8分
大船渡温泉

3.【いくら】宮城県女川町・石巻市・亘理町

美と健康に効く!?赤い宝石
●食べ頃:10月~1月
産卵のため北洋から南下した秋鮭を沖で漁獲して作ったいくらは、DHAやEPA、タンパク質、アスタキサンチンが豊富な、いわば天然栄養カプセル。贅沢な丼や郷土料理でたっぷりいただこう。

食事処 おじか

輝き放つ大粒のいくらが丼いっぱいにてんこ盛り!

いくら丼1620円:ひとめぼれのご飯も美味、10月初旬には新米に 東日本大震災後、女川コンテナ村商店街で営業再開

定食や麺類なども提供し地元の人に愛されている食堂だが、豪華な海鮮丼が名物。プチプチした食感でダシ醤油の味付けが絶妙ないくらの下には、鮭フレークも敷かれており、味のアクセントになっている。

食事処 おじか
TEL/0225-53-2826
住所/宮城県牡鹿郡女川町鷲神浜字堀切5 コンテナ村商店街内
営業時間/11時~15時
定休日/土日
「食事処 おじか」の詳細はこちら

島料理 友福丸

いくらのイメージが変わる!とろり濃厚!利尻昆布醤油漬け

生うにといくらのぶっかけめし2100円:濃厚な甘さの生の北紫うにも一緒に味わえ、ダブルの贅沢

海鮮料理の老舗が、いくらを豪華なぶっかけめしに仕立てた。漁期初めに獲れた若く柔らかないくらを利尻昆布醤油に漬けているため、臭みがなくコクがあり、食感もとろりとして魚卵の濃厚さを実感できる。

島料理 友福丸
TEL/0225-22-2851
住所/宮城県石巻市南中里3-15-28
営業時間/11時30分~14時(土日祝は~15時)、17時~20時30分(日祝は~20時)
定休日/月(祝日の場合は翌日)
「島料理 友福丸」の詳細はこちら

道の駅 上品の郷

温泉やバイキングも

ガラス窓の大きな浴場は露天風呂のような開放感がある

生産履歴を公開している種類豊富な野菜が並ぶ

鉄分を多く含む温泉やバイキングを提供するレストラン、エコファーマー認証者の野菜を扱う直売所などがある。コンサートなどのイベントも開催される。

道の駅 上品の郷(じょうぼんのさと)
TEL/0225-62-3670
住所/宮城県石巻市小船越二子北下1-1
営業時間/農産物直売所:9時~19時、レストラン10時~20時(LO19時30分)、温泉保養施設9時~21時(最終受付20時30分)、ヤマザキショップ6時~22時
定休日/なし(温泉保養施設のみ清掃のため第4火)
料金/平日大人500円、小中学生200円、土日祝大人700円、小中学生300円
「道の駅 上品の郷」の詳細はこちら

和風レストラン 田園 亘理店

上質な鮭といくらを吟味し秘伝の味付けが決め手

秋~冬に獲れる脂ののった銀系の雄鮭と生いくらを使用 テーブル席のほか座敷と個室あり

宮城県亘理町の郷土料理であるはらこめしは、鮭の煮汁で炊いたご飯の上に鮭といくらをのせた鮭の親子丼。鮭ダシを吸ったご飯と分厚く切った鮭の身に、いくらがプチッとはじけて絡み、豊かで深い味わいに。

和風レストラン 田園 亘理店
TEL/0223-34-8760
住所/宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡字上147
営業時間/10時30分~20時30分
定休日/水(祝日の場合は翌日)
「和風レストラン 田園 亘理店」の詳細はこちら

<おすすめドライブコース>
(ランチ)食事処 おじかor島料理 友福丸
↓車で20分
道の駅上品の郷
↓車で1時間15分
和風レストラン 田園 亘理店

4.【八戸前沖 さば】青森県八戸市 北太平洋を回遊する鯖をまき網方式で漁獲

肉質が締まっている真鯖と肉質が軟らかいゴマ鯖の2種がある

600g以上の鯖にはマグロに匹敵する不飽和脂肪酸が含まれている

冷涼な海で育ち脂たっぷり
●食べ頃:9月~12月
三陸以北の日本近海で漁獲し八戸港に水揚げされたさばで、漁獲期間も毎年定められており、550ℊ以上の大型は「銀鯖」と呼ばれる。海水温が低いため粗脂肪分が高くジューシーで、アレンジ料理も多彩。

道の駅 なんごう

文化や味覚を体験して

新鮮野菜や果物、特産のブルーベリー加工品を販売

隣接する「JAZZの館」ではJAZZと喫茶を楽しめる

特産の干しそば(324円)

スポーツレクリエーション施設「カッコーの森エコーランド」の敷地内にある。直売所のほかにそば処や宿泊施設も備えて、そば打ち体験もできる。

道の駅 なんごう
TEL/0178-82-2902
住所/青森県八戸市南郷大字中野字舘野4-4
営業時間/物産直売所:8時~19時(11月~3月は8時30分~18時)、そば処三稜荘・レストランぱすとらる11時~19時(LO18時30分)、JAZZの館:11時~19時(LO18時30分)
定休日/なし(JAZZの館は月、祝日の場合は翌日)
「道の駅 なんごう」の詳細はこちら

華月

「銀鯖」が頭から丸ごと半身!ジュワッと脂が溢れ出る!

銀さば焼き800円:後味が良く食べやすいのも八戸前沖さばの特徴 まろやかな酢でしめ、鯖本来のおいしさを引き出した

開業2年目だが料理の旨さが評判で、すでに地元の人気店に。大きな銀鯖を絶妙な塩加減で一夜干しにし、丁寧に焼き上げた。脂がたっぷりのっているので身がふわっとして甘く、口の中でとろけそう。丁度良い焼き加減で、香ばしさもたまらない。

華月(かげつ)
TEL/0178-44-6544
住所/青森県八戸市三日町27 中央ビル地下1階
営業時間/11時30分~14時(月~木)、17時30分~24時(LO23時、金・土・祝前日は~翌2時、LO1時)
定休日/日(祝前日の場合は営業)
「華月」の詳細はこちら

魚食家 きんき

身が柔らかく脂ののりも抜群!だからしゃぶしゃぶが◎!

八戸前沖さばのしゃぶしゃぶ1598円(2人前):ポン酢醤油をつけるといくらでも食べられる 店内はゆったりとした和風の造りでカウンター席や個室がある

八戸前沖魚介料理の名店では、しゃぶしゃぶで提供。しょうが風味のかつおダシにくぐらせると、脂の旨みと鯖本来の身の甘さが際立って、新鮮な鯖の旨みが引き出される。ほかに鯖棒寿司や〆鯖刺し、鯖串焼きなどの各種鯖料理も味わえる。

魚食家(うおしょくや)きんき
TEL/0178-44-6787
住所/青森県八戸市鷹匠小路18 金剛ビル3階
営業時間/17時~23時(LO22時)
定休日/日
アクセス/車:八戸道八戸ICより10分
駐車場/なし

八戸館鼻岸壁朝市

家で真似できないプロの味!早起きの価値あり!の2品

サバカラ200円(5個)TEL/0178-32-0196(八戸朝市さばのマルカネ):外側がパリッとして中がもっちりジューシー、小骨もなく食べやすい

サバコロ80円(1個)TEL/090-5231-5002(サバコロ青年隊):八戸産イカ下足も入ったライスコロッケ

人だかりができる朝市の人気商品がサバカラとサバコロ。下ごしらえや衣に工夫を凝らし揚げたてを提供する。揚げたてをその場で食べるのがベスト!

八戸館鼻岸壁朝市(はちのへたてはながんぺきあさいち)
住所/青森県八戸市新湊館鼻岸壁
営業時間/日の出~9時(日のみ)※売り切れ次第終了
定休日/1月~3月中旬
「八戸館鼻岸壁朝市」の詳細はこちら

<おすすめドライブコース>
道の駅 なんごう
↓車で20分
華月
↓徒歩で5分
魚食家 きんき
↓車で10分 ※宿泊して翌日
八戸館鼻岸壁朝市

※この記事は2015年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

産直市場がオススメの道の駅まとめ【東海】
【九州】幻想的な光にうっとり…。秋のライトアップイベント
食べログ3.0を狙え――フォーリンデブさんに美味しいご当地グルメの探し方を聞いてきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP