ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

統制利かぬ安倍昭恵さんに「いつか政権に大打撃」と危惧の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「またやっちゃったか」
「よりによって総理が大変な時に」

 8月27日、永田町では、あちこちから苦笑、失笑交じりのヒソヒソ話が聞かれた。安倍首相は参院農林水産委員会に出席するなど精力的に政務をこなしていたが、内心は穏やかではなかったことだろう。

 その原因はこの日に発売された『女性セブン』が報じた「安倍昭恵さん 布袋寅泰深夜2時! 酔って、唇、しなだれて」だった。

 同誌によれば、8月下旬、東京・南青山の会員制バーで飲んでいた昭恵夫人は赤ワインとシャンパンをハイペースで飲んで上機嫌に。深夜0時を過ぎた頃、電話で20年来のファンだという歌手の布袋寅泰(53)を呼び出した。姿を見せると、テンションが上がった昭恵夫人は布袋にしなだれかかるように肩に頭を乗せ、首筋にキスするなどのはしゃぎぶりだったという。

 折しもその頃、夫は安保法制の衆院強行採決で支持率を急落させ、経済的には株価が大暴落、外交的にも訪中すべきかどうかを決断する重大局面(結果的に見送り)を迎えていた。そんな中での“奔放すぎる妻”の行動には、安倍支持層からも、「安倍ちゃん本当にかわいそう」と、同情する声が漏れた。

 しかし、昭恵夫人は全くそんな騒ぎを意に介する様子はない。『女性セブン』の報道翌日、女児教育をテーマにした国際シンポジウムに参加した昭恵夫人は「結婚相手によって、人生は大きく変わるんだなあと改めていま感じています」と安倍首相との結婚生活を語ったが、布袋との密会についてはスルーした。

「ファーストレディはこうあるべきだという枠の中にははめ込まれたくはない」

 そう公言する昭恵夫人がファーストレディになったのは第1次安倍政権が誕生した2006年9月。前言を象徴するシーンが翌10月、安倍首相の初外交に同行した際の、政府専用機からの「手つなぎタラップ」だった。

「妻は3歩下がって夫の影を踏むべからず」

 それまで大物政治家の妻の“常識”だった価値観をサラリとひっくり返した行動は、大きな話題となった。

 以来、彼女の言動は、夫の再登板とともにファーストレディに“返り咲いて”からもたびたび注目の的となった。中でも、自ら居酒屋「UZU」をオープンし、しばしば女将として店に立ったことは、「セキュリティの問題はないのか」と物議を醸した。

「家庭内野党」を標榜し、夫が進める政策に異を唱えることも珍しくない。例えば、「原発再稼働」を推進する安倍首相に、昭恵夫人はインタビューでも「反原発」を訴える。

《子どもたちをどうしてくれるんだというお母さんたちが大勢いるなかで、やっぱり原発賛成というふうには私は言えない》(ウォールストリート・ジャーナル電子版、2013年12月7日付)

 他にも今秋の最大の外交懸案となっているTPP妥結について、《TPPは政府の政策。私は本音を言えば反対》(同前)とも語る。

「コントロールが利かない夫人に『いつか政権に大きなダメージを与えかねない』と総理周辺は気が気でないようです」(政治部記者)

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍晋三氏の妻・昭恵さんの居酒屋 予約とりづらい人気店に
まさかの安倍昭恵夫人の都知事選出馬説 永田町で取り沙汰も
安倍昭恵夫人の居酒屋を公安部がマークしているとの情報登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP