ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

70年代原宿 芸能人を見つけても凝視しないクールな人が集う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 有名ブティックやカフェが建ち並ぶ東京・原宿。次々に大型商業施設が建つ現在では外国人の「観光スポット」としても知られているが、1970年代の原宿は、若者文化の発信地として今とは違う顔を持っていた。

 人通りも疎らだった戦後の原宿が変貌するきっかけになったのは、1964年の東京五輪だった。在日米軍の兵舎「ワシントンハイツ」の跡地にNHKや渋谷公会堂が誕生、表参道周辺にはブティックやカフェが建ち始め欧米文化の香りが漂う街へと変わっていく。

 その中心に「原宿セントラルアパート」(現・東急プラザ表参道原宿)があった。若き日の浅井慎平や糸井重里が事務所を構え、カメラマンやデザイナーなどのクリエーターが多く出入りした。『70’ HARAJUKU』(小学館)で、当時の普段着の原宿のスナップショットを集めたスタイリストの中村のん氏が語る。

「新宿辺りで集まって文学論や演劇論を熱く語るような感じとは違う、クールな雰囲気を求める人たちが原宿に惹き寄せられたのではないかと思います。セントラルアパート1階にあった喫茶店『レオン』の常連だった舘ひろしさんや岩城滉一さんたちが売れっ子のモデルと一緒にいても、ジロジロ見るのはカッコ悪いから誰も見ない。そんな街だったんです」

 自らの才能と将来の夢を信じて人々が集まった70年代の原宿。だからこそ街もより個性的に輝いていたのだろう。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オールナイトニッポンの誕生秘話と全盛期エピソードが本に
浜崎あゆみ ラフォーレ原宿で20分で42万9800円の買い物
新スポットオープンで“大人の街”に生まれ変わる原宿・代官山

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP