ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快挙達成を前にプロ野球「逆トリプルスリー」に注目してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球もシーズン終盤になり、ペナントレースの行方とともに個人成績にも注目が集まる。とくに今年はセパともに「トリプルスリー」という貴重な記録が生まれそうだ。だが正の記録もあれば負の記録もある。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏は「逆トリプルスリーこそ、大人が学ぶ点が多い」と語る。

 * * *
 プロ野球の公式戦も、そろそろ終盤を迎えました。優勝争いとは別に、ここにきて熱い注目を浴びているのは、セパ同時に達成者が誕生しそうな「トリプルスリー」(3割30本塁打30盗塁)です。

 ヤクルトの山田哲人は、よっぽど急に打率を下げない限り達成はほぼ確実。ソフトバンクの柳田悠岐は、9月10日の時点で30盗塁まであと2個で、こちらも濃厚と言っていいでしょう。プロ野球の長い歴史の中でも、まだ8人しか成し遂げていない大記録です。いちばん最近は、2002年に西武ライオンズ(当時)の松井稼頭央が達成しました。

 光があれば影があり、誇らしい記録があれば一見そうでもない記録があります。残り少なくなった2015年のシーズンをさらに多彩に楽しむために、あまり誇らしくなさそうな記録に注目して、いわば「逆トリプル」を達成しそうな選手を探してみましょう。もしかしたら、大人にとって大切な何かを学ばせてもらえるかもしれません。

 まずは打撃成績(以下、記録は9月10日現在)。規定打席に達しているのは、セ・リーグが24人、パ・リーグが29人。セパ合わせて三振のトップ3は、中村剛也(西)154個、メヒア(西)136個、森友哉(西)130個。おっと、西武の選手が3位までを独占です。併殺打のトップ3は、内川(ソ)21個、マートン(神)19個、レアード(日)17個。もうひとつは守備の記録で、規定試合数に達している中で失策のトップ3は、田中広輔(広)19個、レアード(日)16個、安達了一(オ)13個となっています。

 2014年度のシーズン最終記録を見てみると、三振が150個を超えたのはセパ合わせて3人。「150個」がひとつの基準になりそうです。併殺打は3人が20個越え。失策の最多記録は17個。どちらも「20個」が大台と考えていいでしょう。

 はなはだ勝手ながら、打者にとっての「逆トリプル」は、150三振20併殺打20失策と決めさせていただきました。ただ今シーズンの場合、三振がもっとも多い中村剛也(西)は、併殺打は11個で失策も12個しかないので、よっぽど勢いよく積み重ねないと達成できません。併殺打と失策ではレアード(日)がいい線いっているものの、三振が112個と控え目なのがネックです。本来の「トリプルスリー」もめったに達成されないので、長い目で今後に期待しましょう。

 いっぽうの投手成績はどうか。迷いますが、被本塁打、与死球、失点の3項目で見てみました。こちらも9月10日現在の記録です。規定投球回以上に達しているセパの投手の中で、被本塁打が多いトップ3は、十亀剣(西)18本、小川泰弘(ヤ)と中田賢一(ソ)16本。与死球は、藤浪晋太郎(神)11個、牧田和久(西)10個、中田賢一(ソ)と吉川光夫(日)が9個となっています。失点は、涌井秀章(ロ)66点、則本昴大(楽)と藤浪晋太郎が64点。この項目は60点以上に9人が名を連ねる激戦です。

 こちらも2014年の最終記録も合わせて考えると、被本塁打は20本、与死球は10個、失点は80点を越えたら、かなり立派なものと言えそうです。すでにふたつの項目をクリアしている中田賢一(ソ)は、失点が53点。あと27点で「逆トリプル」の達成です。藤浪晋太郎(神)は、被本塁打が7本というのがネック。ソフトバンクファンは中田がそこそこ失点しつつも勝ちを拾い、阪神ファンは藤浪が本塁打を打たれながらもどうにか乗り切るという展開を期待しつつ観戦すると、さらに楽しめるでしょう。

 言うまでもありませんが、こうした一見マイナスの記録に着目したのは、けっして笑ったりバカにしたりするためではありません。三振にせよ併殺打にせよ失策にせよ、あるいは被本塁打にせよ与四球にせよ失点にせよ、リスクを恐れず真っ向から勝負しているからこそであり、たくさん出番があって頼りにされている証です。ある意味、プロ野球選手にとっての「勲章」と言っていいでしょう。

 どんな仕事においても、「逆トリプル」的な展開を怖れない気概は大切。三振を怖れて当てるバッティングばかりしている選手なんてなんの魅力もないし、そもそもバッターボックスに立つ資格はありません。時には、大振りや際どいコースを攻めることも必要です。
部下や後輩に対しても、華やかな成果やわかりやすい長所だけでなく、一見マイナスに見える結果やキャラクターにもきっちり目を向けたいところ。西武の中村や阪神の藤浪を応援することで、そんな大人の懐の深さや視野の広さを身に着けられる……かも。

 ついでに、と言ってはなんですが、自分の短所についても「逆トリプル」の考え方を当てはめましょう。偏屈とか忘れっぽいとか食いしん坊とか、どんな短所も強引に解釈すれば「あえて攻めているからこそ」と思えるはず。まあ、たいていは都合のいい自己弁護ですが、それはそれで大人のたくましさです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
柳田悠岐のトリプルスリー 過去に達成の金本知憲氏も太鼓判
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
チーム牽引するSB柳田悠岐 球史を振り返っても桁違いの活躍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP