ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の奇界遺産追う写真家「野犬が一番怖い。噛まれたら死」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界の“奇妙なもの”を収録し写真集として異例のヒットを飛ばした『奇界遺産』の写真家で、常人離れした旅人たちが出演する人気テレビ番組『クレイジー・ジャーニー』(TBS系)でも話題の佐藤健寿さん。これまでに約90か国を訪れ、チェルノブイリからパプアニューギニアの少数民族まで幅広く取材。本邦初の本格的人工衛星写真集『SATELLITE』(朝日新聞出版)を近々発売するなど独特に活動の幅を広げている。そんな佐藤さんに「奇」なものを追う理由について話を伺った。

――これまでかなりの数を取材していると思いますが、次に目をつけている「奇界」は、どこですか?

佐藤:単純に時間さえかければ行ける場所というのはある程度行ってしまっているので、どんどんハードルは上がっています。場所に行くこと自体に許可が必要な場所が増えてきているので。申請して半年間待たなくてはいけなかったり。今目をつけているのは、具体的には言えませんがロシアの方ですかね。北朝鮮のある場所にも行ってみたいですけど、旅行はすべて管理されていて、自分でどこでも好き勝手に行けるわけじゃないですから。

――結構危険な場所も多いと思いますが、チェルノブイリの立ち入り禁止区域や毒ガスの火山などに行く時も、あまり臆すことはないのでしょうか?

佐藤:そうですね。危ない場所に行けば行くほど冷静になるというか、なるようにしかならないという気持ちにはなるかもしれません。でもどこかで線引きはしていて、その線は直感みたいなものだとしか言えません。一線を無意識的に超えてしまうことと、リスクを承知で意識的に超えることは、似ているようでその差はとても大きい。海外でよく旅行者が被害に遭うパターンというのは、状況を知らずに無意識に超えてしまうんですよ。それはだいたい無知に基づくもので、現地の人が行かないところにも好奇心でふわっと入ってしまったりしていると思います。

――危険な場所に行くのは、怖くないですか?

佐藤:怖いですけど、大丈夫かどうかはある程度、感覚的にわかるんですよ。紛争が激化していて退避勧告が出ている中東のイエメンに行った時にも、何度も現地の人と連絡を取って、今なら大丈夫と言うタイミングで行こうとした時に、行く前日に、泊まる予定だったホテルのすぐ傍で、たくさんの死者が出たものすごい自爆テロが起きたんです。その時はどうしようかと思いながらも、いろいろと情報を調べてみて大丈夫そうだと思った。それで一応行ってみたわけですが、もし危なかったらすぐに引き返そうと思ってました。でも、数日いてみて空気感的に大丈夫だなというのがわかったというか。こういう踏み込むタイミングと諦めるタイミングは経験と直感によるので、口でうまく説明できないんですけど。

――これまでに危険に遭ったことや怖い体験はありますか?

佐藤:UFOが目撃されていると言われるアメリカのエリア51へ行ったときに、車で事故を起こしたことはあります。あとは昔、現地のUFO研究家と、車で軍が管理するUFO目撃地帯に行った時に、その人がすごくびくびくしていたんですよ。そしたら途中で急に前方に光が見えたと思ったら、「車を止めろ」と言ってカバンから拳銃を取り出してドア越しに構えるんですよ。「今向こうに動いてる何かがいた、追われてる可能性がある」と言い出して。拳銃出された時にはドキッとしましたね。

 そういうことはありましたけど、本当に一番怖いのは野犬だと常々思っています。戦場カメラマンの渡部陽一さんや、それこそショットガンを携帯して旅をしていた写真家の藤原新也さんも言っていますけど。世界のあらゆる場所に、いまだに野犬がいっぱいいるんですよ。この前もタヒチの廃墟で野犬に追われて大変でした。襲いかかってきますし、噛まれて狂犬病を発症したらアウトです。死にます。狂犬病って治らないんです。場所によって、例えばチベットの山奥とかだとワクチンがなかったりもするので致命傷なんですよ。

――オカルト的な場所も多数取材しているそうですが、心霊体験やトラブルが起きたなんてことは?

佐藤:呪いの遺跡と言われる場所で撮影した写真が消えたことはありますが、あとは思い出せるほどの衝撃的な体験はないですね。たぶんそういうものに鈍感だからやってられるんだろうと思います。この前もある取材地で現地人も嫌がる幽霊が出る場所にも行きましたが、なんてことはなくて。「呪われた」とかって、ある種自意識過剰な気がするんですよね。歴史的な場所の生前すごかった人の幽霊がなんで僕ごときにかまうだろうかとか。9割方はこちらの思い込みによる作用なんだろうなとは思います。

 あとよく思うのは、そういう場所にたくさん行っているので、何かが起こったとしてもアジアの呪われた場所かもしれないし、アフリカの呪術師かもしれないし、何に呪われてるかが、もはやわからないですよね。

――とても理性的ですが、非合理的なものを追うのはなぜでしょうか?

佐藤:もともと美大にいたんですが、写真を含めたアートにしても、幽霊やUFOにせよ、宇宙にせよ、答えがないとされるものに子供の頃から興味がありました。世の中のある程度のことって論理立てて考えることができると思うんですけど、幽霊みたいな非合理的な存在が今も信じられるのはなぜなのかということが気になるんです。現代だと、UFOや幽霊は信じないという人は世の中多いと思うんです。でも例えばお守りはゴミ箱に捨てられないとか、日本人に限らず神秘的なものを無視できない感性は現代でも根っこの部分にある。それがなぜなのかが、すごく気になるんです。僕自身はむしろすごく合理的ですし、旅行や撮影も効率的にこなす方なので、結局、非合理的なことを合理的にやるのが好きなんだと思います。

【佐藤健寿(さとう・けんじ)】
武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。UFOや雪男などのミステリーや、世界各地の“奇”なものを対象に、博物学的、美学的視点から撮影、取材、執筆を行う。これまでに世界約90か国を訪れている。ベストセラーとなった写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)のほか、近刊に『世界の廃墟』(飛鳥新社)など。世界最大の人工衛星企業、米デジタルグローブ社とコラボレーションした新刊『SATELLITE(サテライト)』は9月18日発売。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大震災の地震発生時の14時46分を指した時計 保存される意向
稀勢の里 綱取りは2015年の前半が最後のチャンスにと評論家
宝くじ抽せんまでの保管場所 神棚・仏壇の人気が急上昇中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。