ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】AI搭載でパワーアップ!次世代型マーケティングプラットフォームに大接近

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“次世代型マーケティングプラットフォーム”として、数多くの企業から支持される「B→Dash」。

先月より従来の機能に加え、新たにAI(人口知能)を搭載。さらに高精度な施策提案が、期待される。

提供元は、マーケティングテクノロジーを軸に、独自の事業を展開するフロムスクラッチ。

代表取締役社長、安部 泰洋(あべ やすひろ)氏に、詳しい話を聞いた。

・収益の最大化を目的とする画期的なAIツール

Q1:まずは、「B→Dash」の特徴から、お聞かせください。

「B→Dash」は、マーケティングオートメーション(MA)を超えるソリューションとして注目を集めている、マーケティングプラットフォーム(MP)です。

他社ツールと連携することなく、オールインワンでマーケティングプロセスの入口から出口までのデータを、一気通貫して管理・統合・活用することができます。

これにより、最も収益が高まるユーザー行動のベストプラクティスが、可視化されます。その結果に基づいて、あらゆる施策の自動化、すなわち、本質的なマーケティングオートメーションが、実現可能となります。

Q2:AI機能を搭載することになったきっかけと経緯について、教えてください。

現在、市場で提供されているAI機能を搭載したマーケティングツールは、“ウェブサイトの回遊の改善・CVRの向上”に焦点を当てており、その“原因分析の自動化”に、機能が限定されてしまっています。

しかし、そこで獲得したユーザーが収益化されなければ、その自動化はまったく意味を成しません。

そのような現状を踏まえ、我々は最も収益が高まるユーザーのカスタマージャーニーを特定し、そのベストプラクティスに基づいてAIが自動で原因分析、次回施策のレコメンドをする機能を開発しました。

・マーケターにとってなくてはならないツールをめざす

Q3:AI機能によって、サービスはどのように変わるのでしょうか。

最も収益が高まるカスタマージャーニー・ベストプラクティスの自動解析・要因分析、さらには次回施策の提案までを、自動で行うことが可能になりました。

これにより、マーケターの仕事が、大きく変わります。これまでマーケターを苦しめていた分析業務や、レポート作成はすべて、AIが代替します。マーケターは、人間にしかできないコンセプト立案や、プラン策定等に注力できるようになります。

Q4:今後の展開について、教えてください。

機能の磨き込み、特にAI領域の研究開発を、強化していきます。マーケティングデータを入口から出口まで、一気通貫して統合・管理できるのは「B→Dash」だけです。

その特徴を生かし、さらにAIを強化していくことで、“ログインすると自動で「B→Dash」が施策の原因を報告したり、次回施策の提案をしてくれる”ような世界を、実現していきたいと思っています。

また、音声ナビゲーションシステム等の機能も搭載し、“「B→Dash」と会話をするだけで、すべての施策・対策のレコメンドがされる”ような状態にしていくつもりです。

将来的には、他社ツール及びコンサルティング市場での競合を踏まえて、活動したいと考えています。そのためにも、ただの1ツールに成り下がるのではなく、本質的な価値を提供し続け、いつしか「B→Dash」が日本のマーケターたちにとって、なくてはならない“パートナー”となることを、めざしていきます。

B→Dash

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。