ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべてをリニューアルした「プリングルス」!期間限定『グリーンカレー味』は意外なほどに・・・!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気ポテトチップスブランド「プリングルス」が、2015年8月にすべてを一新!
日本人の味覚に合わせた味わい、パッケージデザイン、サイズ・容量、価格のすべてをリニューアルして新登場。さらには期間限定風味の『プリングルス<グリーンカレー味>』もデビュー! さっそく食べて、その味を確かめてみよう。

「プリングルス」が日本に初登場したのは1994年。今では誰もが知っているポテトチップスブランドで、世界100カ国以上でも愛されている。円筒型のパッケージにはMサイズとSサイズがあり、学生時代はひとりでMサイズを食べきってしまったという思い出のある人も多いはず。このたびリニューアルした「プリングルス」は、「うすしお」「サワークリームオニオン」「グルメコンソメ」の3つの味が主軸となっている。少し濃い味付けは、リニューアル後も健在だ。

リニューアルと同時に発売された、期間限定『プリングルス<グリーンカレー味>』は強烈な辛さで有名なタイカレーのグリーンカレーをベースにしたポテトチップス。グリーンカレーとはインドカレーのように黄色いスパイスは使用せず、緑色をした「青唐辛子」などをふんだんに使用し、ココナッツを効かせた日本人にも人気のカレーだ。その辛さとマイルドさをどこまで再現しているかが気になるところ。

さっそく袋を開けると、私たちがイメージしているインドカレーの香りはもちろんなく、ココナッツの香りもほとんどない。それどころか、辛いと感じる刺激臭もまったくない。

見た目の色も、うすしお味と変わらず、きれいなじゃがいもの色をしている。これまでに食べたグリーンカレー味のスナックとは明らかに違う。

まずは1枚いただきます。噛むとパリッといい音がなり、いつものプリングルスの食感。しばらくもぐもぐしていると、スパイスの香りは確かに口の中に広がるものの、なぜだかまったく辛くない! ココナッツの香りも控えめで、とてもマイルドな味。これはこれでおいしいのだが、「グリーンカレー味」と名乗って良いものか・・・? 6人で食べてみたが、誰一人として「辛い」とは言わなかった。辛さを期待して買った人はがっかりするかもしれない。

味変のためのディップには、マヨネーズよりもケチャップやピザソースなど濃い味のものがよく合う。一味唐辛子&マヨもおすすめ。ポテトチップス自体にエスニックさが欠けているため、アレンジの幅は広がりそうだ。『プリングルス<グリーンカレー味>』は全国のスーパーやコンビニエンスストアにて、Sサイズ1箱132円で発売中。辛い物が苦手だけれど新しい味にチャレンジしたいという人はぜひ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP