ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラタモリ出演者 「段差」の魅力から意外な歴史繋がり発見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 街歩きの達人タモリ(70才)が、自由気ままに全国各地の街をブラブラする人気番組、 NHK『ブラタモリ』。ほかのお散歩番組とはひと味もふた味も違う、ゆる~い雰囲気とマニアックな魅力で注目されている。

 なかでも、タモリの段差へのこだわりには度肝を抜かれる。

「高低差のないところになんの興味もなし」と言い切り、自らを“ダンサー”と自称するほどの“段差オタク”のタモリ。段差を見ればその街の成り立ちもわかるという。

 そして、ほぼ準レギュラーの東京スリバチ学会・皆川典久さんは、タモリも認めるダンサー。

「街中で出会う段差や高低差には、歴史上そうならざるを得なかった事情が隠されています。その謎を解き明かしていくうちに、意外な過去や歴史のつながりが見えてくることがある。不思議に思った段差や高低差が、ミステリーへの入口だったりするのが面白いんです」

 京都高低差崖会・梅林秀行さんは、高低差話でタモリと意気投合。

「高低差のある場所は、町がちょうど切り替わるところ。そこでは、街全体を見渡せるというという高台の良さと、坂を上ることを楽しむという低地の良さの両方が味わえます。坂や段差があると、街に陰日向ができ、表情が生まれるんです」

 こんなダンサーたちのマニアックな会話が、本番組の魅力となっているようだ。

※女性セブン2015年9月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タレント休業時代のヒロミが「タモリ会」に呼ばれ続けた理由
『ブラタモリ』の桑子アナ モットーは「下を向いて歩こう」
ブラタモリ「頭を下げ続ければ返ってくる」大人の心得が満載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP