ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内山信二 さんまとの初麻雀で緊張。いいボケできず叱られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)で子役としてデビューを飾り、今や俳優から司会業まで、幅広く活躍しているタレント・内山信二(33才)。彼にとって、先生であり師匠であるのはやっぱり明石家さんま(60才)だという。さんまとの交流についてたっぷりと語ってもらった。

――さんまさんとは今でもおつき合いがありますか?

内山:16才から毎年のように、さんまさんプロデュースのライブに出させてもらっているので、会ってますよ。昨年初めて、一緒に麻雀したんです。さんまさんとぼくって不思議な関係で、師匠でもあるし、先生でもあるんです。だから麻雀をしていても、上がっていいのかわからなくって。さんまさんも、ぼくに勝ってほしいけど「お前、俺から上がるのか」という気持ちもあるだろうし。お互い不思議な感覚なんですよね。

――結局、さんまさんから上がったんですか?

内山:上がりました(笑い)。さんまさんもぼくから上がるときは気が引けるみたいで。この感覚って、そうそうないと思うんですよね。6才からずっと教えてもらっている先生っていないじゃないですか。

――麻雀は、ピリピリした雰囲気で?

内山:ふざけながらですよ。ゴミひとつ捨てるにも、何かしなきゃいけないみたいな。ぼくはさんまさんの正面に座っていて、ゴミ箱の近くだったんです。さんまさんに「これ捨てといて」ってティッシュを渡されたので、受け取って捨てたんです。そうしたら「お前なんでそういう時に、格好いいシュートせえへんねん!」って言われて。そうか、普通に捨てちゃいけないんだ、とか考えてたら、全然麻雀に集中できなかったんです(笑い)。

 さんまさんは先生って感覚なので、20才をすぎて初めて女性のいる店に連れて行ってもらった時も、お互い不思議な感覚でした。さんまさんからすれば、教え子と飲んでるし、教え子に口説けよと言ってるのも変だし、みたいな。

――いつごろの話ですか?

内山:21、2才くらいのときですね。16才から出ているさんまさんの舞台終わりで、「飲み行こうと思うけど、みんなどうする?」とさんまさんが共演者に聞くわけです。未成年だったころはぼくはスルーだったんですけど、「内山行くか?」と初めて誘ってもらって、大阪の新地に行ったんです。高級クラブです。

 お店は緊張しましたけど、それよりさんまさんが舞台と同じか、それ以上に頑張っているのが気になったというか(笑い)。さんまさん、ものすごいしゃべるんですよ。いろんな人に話を振って振って、3時間半のライブが終わった後に、翌日も2ステージあるのに大丈夫かなというくらいしゃべって。その後アフターでカラオケ行って朝まで歌って、他の人が歌ってると、隣でチャチャ入れて(笑い)。

――パワフルですね。初めて会った時から、さんまさんは変わりませんか?

内山:『あっぱれさんま大先生』で6才で会ったんですけど、ぼくは芸能界に興味がなかったんです。父があべ静江さんの熱狂的なファンで、子供をタレントにしたら会えるんじゃないかということで、5才のぼくを子役事務所に入れたんですね。それから1年くらい、まったく仕事がなく、初めてのオーディションが『あっぱれ』だったんです。

 そのオーディションも、父から「おいしいハンバーグ食べさせてやる」って騙されて行ってるんです。オーディション会場に5、6人ずつ呼ばれるんですけど、その時にさんまさんがいたらしいんですね。あまり覚えてないんですけど、真ん中のやたらうるさい人が、さんまさんだったらしいです(笑い)。

 そこで質問されるんですけど、ハンバーグが出てこないからぼくはふてくされているので、全然答えなかったんです。でも、それが良かったらしいんですよ。『あっぱれ』のオーディションは、ドアを開けて「おはようございます」とあいさつした時点で、不合格だったらしいんですね。

――さんまさんの第一印象は、“うるさいお兄さん”だったわけですね。

内山:そうです。その後もしばらく、さんまさんがすごいとは思っていないですからね。でも小学校3、4年生あたりから、近所の人たちがテレビを見てくれるようになってきて。普通だったら「テレビに出ていて、すごいね」と言われるじゃないですか。だけど、ぼくの場合は、「さんまさんと出ていて、すごいね」と言われたんです。それで、あの人ってすごい人なんだと思ったことは、よく覚えています。

 それに、ぼくがテレビで見ている芸能人とかが、みんなあいさつに行ってるんですよ。たとえば、とんねるずさんとか、ダウンタウンさんとか。

――トークであったり、回しかたでもすごさを感じましたか?

内山:それは中学生になってからです。他の司会者の番組に出た時とか、振りかたが全然違ったり。サッカーでいえば、ゴール直前までさんまさんがボールを持ってきてくれて、ぼくらはポンと蹴るだけだったんです。でも他の番組で、自分でボールを取りに行かなきゃいけないときに、さんまさんってすごいんだって。

 あとは20才を過ぎてから、自分が子供と絡んだ時に、あの人すごかったんだって。子供って難しいんですよ。打ち合わせで話していたことも、本番では話せないとか、違うこと言ってみたり、いろいろあって難しいなって。それを、十何人の子供をまとめて、個性を最大限まで引き出すって、改めてすごいんだなって。

――トークやボケ、ツッコミを教わったそうですね。

内山:楽屋に呼ばれて「こうだ」ではなくて、本番中に教えてくれるんです。『あっぱれ』はお笑い芸人養成所みたいなところだと思ってます。視聴者も含めた公開授業です。今でもさんまさんは、芸人さんへのダメ出しは番組中に言うじゃないですか。だから知らない間に、見ている人たちもどんどんレベルが上がっているんですよ。さんまさんの影響だと思います。

 たとえば、ぼくが子供の頃に“天丼”を知ってる一般の人が何人いたか。天丼って被せる事ですね、同じ言葉を2回繰り返すボケのことですけど。“噛む”も実は、業界用語なんですよ。それから“ツェーマン”は業界用語で1万円って意味なんですけど。こういう言葉を、さんまさんが定着させたんじゃないかって思います。

――最後に、将来の夢があったら教えてください。

内山:次に自分の冠番組を持てたら、さんまさんを第1回目のゲストで呼びたいんです。それ以外の恩返しの方法はないですよね。ずっと先生ですもん。

【内山信二】
1981年9月25日生まれ。東京出身。6才で『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演し、人気を博す。 7年4か月の長期間レギュラーを経て、お笑いタレントになる。伊集院光、石塚英彦、松村邦洋らとともに”デブタレ四天王”と呼ばれる。バラエティー番組をはじめ、テレビ、CMなどで活躍中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萩本欽一 さんまとゴルフ行かぬ理由とたけしとの関係を語る
押尾学 気配りできる人物で目上にタメ口叩くとすぐ訂正
『ひょうきん族』ブラックデビル 初回はさんまではなく高田純次

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。