ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エディー・ジョーンズHC 選手たちに妥協を許さぬ姿勢求める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4年に1度の祭典・ラグビーW杯が9月18日に開幕する。これまで7大会に出場しながら、わずか1勝しか上げられていない日本代表を率いるのがエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)だ。『ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは「信じること」』(文藝春秋刊)を上梓した生島淳氏が、エディーについて語る。

 * * *
 過去の歴史を振り返ってみると、日本代表がW杯で勝利を挙げたのは1991年の第2回大会、今は亡き知将・宿澤広朗氏に率いられたチームの1勝だけ。1995年にはオールブラックス相手に145点を奪われ、1980年代には人気スポーツだったラグビーの人気に大きな影を落とした。前回大会はかつてのオールブラックスのレジェンド、ジョン・カーワンを監督に迎えたが1分3敗に終わり、見せ場を作ることは出来なかった。

 しかし2012年、サントリーを日本一に導いたエディー・ジョーンズがヘッドコーチ(HC)に就任すると、2013年にはウェールズ、2014年にイタリアを破って世界ランキングは史上最高の9位にまで上昇した。

 エディー氏は1960年に豪州に生まれた。母が日系アメリカ人で、日本人のDNAを受け継いだことが日本ラグビーとの「縁」になった。2人の姉は建築家とデザイナー。姉弟全員がクリエイティブな仕事に就いたことを、

「コミュニティーに受け入れてもらうには、自分の力を証明する必要があります。姉たちはアート、私はスポーツへと関心が向きました」とエディー氏は振り返ったが、差別もゼロではなかっただろうし、彼にとっては、ラグビーで成功することが強力なモチベーションになったことは疑う余地はない。

 32歳で現役を引退後、ラグビーにプロ化の時代が到来し、コーチの道へとのめり込んでいく。2001年に豪州代表の監督になると、2003年のW杯では準優勝。2009年からはサントリーの指導にかかわり、日本選手権、トップリーグ優勝を果たしたうえで、代表にも新風を吹き込んだ。

 それまでのコーチたちと、エディー氏の違いは何だったのか? 第一に、ジャパンは世界でベスト8に入れると、本気で信じたことだ。そして、そのために日本の強みを徹底的に探し出した。

「とにかく試合が終わるまでボールを保持して、アタックして、アタックして、アタックすること。試合の終盤になって、相手が消耗して動けなくなっているのに、観客が感嘆するようなアタックを披露するチームでなければなりません」

 具体的にはアタックの場合、日本はキックの数が極端に少ない。エディー氏の理想とするアタックではパスが11本に対し、効果的なキックが1本。ちなみに、海外のチームの場合は4対1。日本は極端にパスに偏ったチームであるが、このような数字が実現すれば目の覚めるような攻撃が見られるはずだ。

 エディー氏は、理想を実現するために選手たちに代表に対する「コミットメント」を求めた。妥協を許さない姿勢を貫き、選手たちにも同じレベルのものを求める。厳しさの源は、それだ。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
ラグビー日本代表の状況を劇的に変えたE・ジョーンズの手腕
ラグビーの代表選手 サッカーや五輪とは異なる選出条件とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。