ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一に輝いた、九州男児のダンスが衝撃的(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。
2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of Dance 2015」。圧巻の演技を披露し見事、未成年部門のチャンピオンの座についたのは、全員まだ10代の日本人チーム。まばたき厳禁!必見です。

世界を驚愕させた
オリジナルの4Dダンス

すでに、テレビや動画投稿サイトを通じで、彼らのことをご存知の人も多いはず。今やケント・モリに次いで、日本のダンスシーンを活気付かせている(くらいの勢い)のが「九州男児新鮮組」。福岡出身のメンバーを中心に、小学生から高校生20人のブレイクダンス集団です。

コマのようにくるくると回り、捻りを加えたバックフリップ、四肢をもってグルングルンとぶん回したかと思えば、一列に並んだ8人をひとっ飛び。大人顔負けのブレイクダンスと、息つく暇もないオリジナルのアクロバティックなパフォーマンスが彼らの真骨頂。最年長のリーダーですら、まだ18歳というんだから、末恐ろしい才能が現れたものです。

まばたき厳禁の
パフォーマンス

まだ、あどけなさが残る少年たちが繰り出す怒涛のパフォーマンスに会場も釘付け。Wold of Danceの公式Twitterには、彼らの演技に魅了された人々のツイートが。「開いた口がふさがらない!(jaw-dropping!)」「見たことのない四次元的な振り付けは想像を超えていた」などなど。
およそ10万人の応募ダンサーたちが参加したこの大会で、成人の部の優勝者よりも「最も多くの賞賛を浴びたのは日本の少年たちだった」と、地元紙「The San Fransisco Globe(SFG)」は、彼らの活躍を大々的に報じています。

世界のストリートから、数多くのカルチャーが生まれてきました。ダンスもそのひとつ。 日本のストリートダンス人口は、今や400万人に達すると言われています。彼らの活躍に触発されて、さらにダンス人口が増えるでしょうね。

Reference:SFG
Licensed material used with permission by World of Dance Network

関連記事リンク(外部サイト)

賞金を賭けて、美女が腰振りダンス「Twerk」で過激な対決
松葉杖とスケボーを自在に操るストリートパフォーマー。「障がいがあっても何だってできる」
LAの人々を笑顔に!子猫による「アニマルセラピー」(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP