ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大の構内に『松本楼』の支店!? 行ってみたら入りやすくてカレーがおいしかった件

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『松本楼』といえば1903年創業の洋食レストラン。日比谷公園の本店が有名だが支店も存在するのをご存知だろうか? ……そう、有明ビッグサイトだ。今即答した方は十中八九同人誌大好きなクラスタに違いない。
確かにビッグサイトに『松本楼』が存在するのはコミケ充クラスタには有名な話。
しかし、それではこの記事はすすまない。そしてこの記事はわりと一般向けであることを前置きしておきたい。コミケの話は冬にしよう。
今は秋。今回はあの歴史ある東京大学構内に、やはり歴史ある老舗レストラン『松本楼』の支店があることを記していきたい。今一度言う。なんとあの国立大学の東大に老舗レストラン『松本楼』があるというのだ。これは演習ではない。ちょっと驚いてほしい。そして是非この事実を広めてほしい。

東大の構内に『松本楼』の支店!?

そんなわけでやって参りました。本郷三丁目の東大前赤門です。ちなみにこの赤門は正門ではなく、実際の東大の正門は白いです。
赤門の向かいにはナチュラルローソンが、正門の向かいにはファミリーマートがあることを記しておこう。一般人も入ることは可能だが、まさかカレーだけ食べにきましたなんて理由で東大を訪れる日がこようとは。なんかすいませんとしか言えません。

さあさあ、ケヤキ並木ですよ。

そして安田講堂。

支店は工学部2号館にあるらしい。

やがて扉が見えてきました。

あ、あったー! 『松本楼』ありました!! ハイカラビーフカレー(850円)ください!! 

早速入ってみると品のいい設え。しかも空いているので貸し切り状態。恐らく本店ではこうはいかないだろうというくらいリラックスできました。もちろんカレーはおいしかったです。カレーっていいな。マナーに疎い人間でもスプーンで食べられるのだもの。
『松本楼』のカレーってすごいな。歴史があるのに気取らなくて親しみやすくて……隣の家に住んでいるお金持ちの幼馴染みたいな、そんな奴☆ そんなのすぐ好きになっちゃうよ☆ 乙女ゲーのポエムにも劣る感想ですいません。味の表現とかうまくできません。おいしかったです。はい。

まとめ

東大にも生協などの学食があり学生はそちらを利用する模様。そのため『松本楼』支店は時間帯によっては上述したようにゆとりのある店内に。恐らく本店ではこうはいきません。『松本楼』を貸しきり状態で味わえるなんて贅沢ではありませんか。
同じ『松本楼』支店だとしても、夏と冬のコミケに於いてこうはいかないではありませんか、そうでしょう?(平日に行けばいいという噂)
時間帯は平日なら午前11時から午後21時までと営業時間が長いので、近隣なら会社帰りに寄ることもできそう。従業員の方はあからさまな部外者らしき一人の客にも非常に丁寧な接客で、ありがたいことでした。興味のわいた方は是非本郷三丁目に行ってみましょう。東大の構内なので、日本の未来を担う東大生がごろごろしているわけです。これは比喩でなく、文字通り東大生は芝生の上でごろごろしていたりしたので趣深いものがありました。
さあ、どうでしたか? いかがでしたか? 東大には『松本楼』が存在するのです。驚きの事実でしたね。最後にひとつだけ。もしもこのようなちっぽけな私が望んでいいならばほんの少しでもいい……是非この事実を広めていただきたいのです。ご一読ありがとうございました。

松本楼 
http://www.matsumotoro.co.jp/index.html [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 小雨) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP