ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホでタイムラプス撮影を手軽に!ポータブルなスタンド「Hobie」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空や街の移り変わり、植物の成長などをとらえるのに欠かせないタイムラプス(微速度)撮影。

ひと昔前まではプロの領域だったが、ガジェットやアプリの出現で今や素人でも楽しめるものとなった。そのタイムラプス撮影を、このほど登場したスタンド「Hobie」はより手軽にしてくれそうだ。

・幅8センチ以下のスマホで使える

Hobieはスマートフォン用の小型スタンド。端末を横にしてバンドのようなもので挟むようになっている。スマホの幅が8センチ以下であれば、機種を問わず設置できる。

そして挟む部分はギザギザになっていて、これが端末をしっかりと固定するのに役立つ。

・ パノラマ撮影にも便利

Hobieの下部は円形になっている。安定して置くことができ、しかもここが回転するので、回転しながらのタイムラプス撮影ができる。単にパノラマを撮るときにも使えそうだ。

加えて、円形部分をキッチンタイマーのようにねじるとタイマーをセットできるようにもなっている。

・魚眼クリップのセットも

Hobieを開発したスタートアップは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中。今ならHobieが24ポンド(約4500円)、Hobieと魚眼クリップのセットが33ポンド(約6100円)で入手できる。

タイムラプスやパノラマなど、撮影の幅を広げたいという人は要チェックだ。出資期限は9月26日。

Hobie/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP