ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

濃い見た目とは裏腹のあっさり風味中華そば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月10日放送の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、午後21時00分~)では京都府民が愛するラーメンを特集。「新福菜館・本店」(京都府京都市下京区)が紹介された。

 JR京都駅から徒歩5分ほどにある同店は、コク深い醤油スープのラーメンで人気の中華そば店。1938年創業という戦前からの歴史を持つ、京都の中でも屈指の老舗だ。好みによって味の濃さや麺のかたさを指定することが出来る。

 番組では人気メニューとして「中華そば・並」を紹介。こちらは数種類の醤油とスパイス、チャーシューを煮込んだ醤油ダレに鶏ガラスープを合わせた”真っ黒”に見えるスープが印象的な一品。いかにも濃そうな見た目だが、意外にあっさりしていてコクがあるという。麺は中太のストレート麺を使用。トッピングにじっくり煮込んだチャーシューと九条ねぎをのせれば完成だ。

 お客さんからは「(スープの見た目が)黒いからお醤油だけの味かなと思うけど、そうじゃない」「奥が深い」「あっさりした京都人に合う味」などと好評のようだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:新福菜館本店 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:京都駅のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:京都駅×ラーメン・つけ麺のお店一覧
濃い見た目とは裏腹のあっさり風味中華そば
ふわっふわ食感 キューブ型食パン「ムー」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP