ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天気が悪くなるほど、オシャレになるインテリアが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。

この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれる「tempescope」。PCとワイアレスで接続し、インターネットから天気の情報を取得。それを、箱の内部で再現してくれる優れものなのです。「雨」だと箱の中で雨が降り、

「くもり」であれば、雲が登場。「雷」だってこの通り、リアルに再現してくれます。気持ちが沈みがちの悪天候も、これだけオシャレなら許せてしまうかも!?玄関に置いておけば、マンションを出てから雨が降っていることに気付き、傘を取りに戻らなければいけなくなるという、“あの”ストレスからも解放されそうです。
この画期的な製品「tempescope」を開発したのは、日本人エンジニアの河本健氏。現時点ではまだ購入することはできず、2015年10月から、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達を始める予定とのこと。ファンディング開始の通知を受け取りたい人は、河本氏のTwitterアカウントをフォローし状況を確認するか、こちらのメーリングリストにご登録を!

Licensed material used with permission by 河本健

関連記事リンク(外部サイト)

15歳の少女が「HIV検査キット」を発明!たった5ドルで救われる人がいる
LED×ウォータースライダー!ドイツの新感覚アトラクション「ブラックホール」
ジェスチャーで様々なデバイスを操作可能!超シンプルなスマートウォッチが世界中で大人気

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP