ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

打撃不振の長野と村田 守備は良いためG党は阿部よりも評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年プロ野球シーズンにおける巨人低迷に、これだけ戦力あるのになぜ勝てないとファンはイライラし続けている最大の原因は、何をおいても打線の不調、なかでも大黒柱だった阿部慎之助(36)の低迷がある。加えて、阿部と並ぶ長距離砲、のはずの村田修一(34)も、打率.237、本塁打10本(※9月2日終了時点。以下データ同)と低迷。

 この数字では面目が立たない。横浜時代、2年連続(2007、2008年)で本塁打王に輝いた頃の打撃はどこへやら。

 チャンスにことごとく凡退する。得点圏打率はなんと.179。9月2日のヤクルト戦では1死満塁から初球を打って二ゴロ併殺。ファンからは「期待を裏切らない」「ここまでくると見事だ」という声が漏れた。

 とにかく右投手が打てない(対右.199、対左.342)。元巨人の4番、広澤克実氏は原因をこう見る。

「体重移動が早すぎて内角のストレートをさばけない。インコースが気になれば、外の変化球には泳がされる。これができない限り、右投手のインコースは意識しないとバットに当たらないし、当たったとしてもファウルという最悪の状態のまま」

 中堅として打線を支えてほしい長野久義(30)の成績も芳しくない。入団2年目に首位打者(2011年)を獲得。だが近年は故障に苦しみ、オフには手術も受けた。

 今年は5番として起用され続けるも不振。8月28日の中日戦では3三振を喫し、4回の無死満塁のチャンスでも空振り三振に終わった。

「長野、阿部、村田と打つべき選手が打っていないのが今年の巨人。この不調は年齢や故障からくるものです。バッティングの原則は基本に戻るということ。長野も一番調子が良かった時と比べ、フォームが大きく崩れている」(巨人OB・広野功氏)

 ただ長野には同情論も出ている。

「ケガ明けなのに無理して使い続ける原監督が悪い」(30代男性)

「長野や村田は守備でいいプレーをすることがあるからいい。阿部はそれすらないから腹立たしい」(20代男性)

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「横浜主力獲得で日本一」都市伝説根拠に巨人は金城に食指?
「ロペス放出した巨人のおかげで助かった」と横浜DeNA関係者
巨人・原監督 4番について答える必要はない発言に広岡氏憤る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。