体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やちむん、琉球ガラス…本物を見つけに工房へ。沖縄の手仕事に出会う

陶房 火風水 お皿

かつては琉球王国と呼ばれた沖縄には、やちむん、紅型、金細工など、中国や東南アジアの国々から伝わった工芸が脈々と受け継がれている。

最近は、伝統の技を駆使しつつも現代の日常に寄り添った新しい作品も誕生。
作り手の声に耳を傾ければ、生まれてくる作品に対しての愛情もひときわ深まる。
作家との交流を求めて工房巡りを楽しもう。

[南部・那覇市]眞正陶房

優美な絵付けで魅了大らかさも兼ね備えて

眞正陶房 焼き物 インテリアにも映える、「眞正陶房」の清々しい焼き物。青と白のコントラストが美しい絵付けシリーズは、30cmプレートや花器、カップなど多彩なデザインが揃う

白化粧された生地にコバルト色で描かれた唐草柄は、沖縄の焼き物の中でよく目にするデザインのひとつだが、安里貴美枝さんの絵付けはひときわ美しく、使い手を魅了する。

その優雅な絵付けは、20年以上作り続けてきたからこそなしえた技だが、「美しさだけではなく、沖縄の風土と同じく大らかさを出していきたい」という思いが根底にある。

うちなんちゅーであることに誇りを持ち陶芸と向きあう安里さんは作品を通して琉球王朝時代から続く沖縄工芸のすばらしさを伝えている。眞正陶房 絵付け 絵付けを行う貴美枝さん。焼き上げると美しい青色 眞正陶房 酒甕 1斗サイズの酒甕を伝統技法に倣って作る夫の真尚さん 眞正陶房 お皿 沖縄の海を連想させる鮮やかな絵付けのお皿 眞正陶房 ギャラリーには夫婦の作品が仲良く並べられている

眞正陶房(しんせいとうぼう)
TEL/098-851-9288
住所/那覇市真弛260-6
営業時間/9時~18時 
アクセス/那覇空港道南風原北ICより10分
駐車場/4台
「眞正陶房」の詳細はこちら

[中部・中城村]陶房 火風水

沖縄の自然をヒントに可憐な世界を器で表現

陶房 火風水 お皿

食後もアートが楽しめる、「火風水」のお皿。中心が深い海のように見える右:film野菊9寸皿1万円〜、左:茜草8.5寸皿8000円〜

琉球王朝時代の職人の技に魅せられ、その域に近づけるため努力を続ける奥平清正さん。サンゴが彩る美しい海や、優しく降り注ぐ雨など、沖縄の自然の表情を釉薬と筆で巧みに表現。

絵画のようなクオリティーが保たれており、料理を食べ終えた後もお皿を鑑賞するという楽しみが待つ。その美しさゆえ、料理人からの支持も高い。 陶房 火風水 5枚の豆皿が収納された入り子組皿「お家へ帰ろう」1万2000円〜 B 笑顔が素敵な奥平さん夫妻。優しい人柄は器にも反映されている 陶房 火風水  
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。