ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄銀行の嘱託職員が司法試験に2人合格 勉強中は「自宅待機」、受験後は法務部で業務

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月8日に発表された2015年の司法試験の合格者1850人の中に、沖縄銀行の嘱託職員が2人含まれていることが話題になっている。いずれも琉球大学法科大学院の修了生で、沖縄銀行が嘱託職員として採用して受験勉強を支援する「リーガルアシスタント制度」の利用者だ。
制度利用者は8年で18人。12人が合格

沖縄銀行のウェブサイトによると、同行では地域・社会貢献活動の一環として2007年11月より本制度を設置。11月から司法試験が始まる翌年の5月まで、給与を得ながら「自宅待機」で勉強に専念ができるものだ。

試験後には同行のリスク管理部法務グループで企業法務業務に従事しながら、実務を学ぶ。利用者はこれまで8年間に18人おり、このうち12人が合格しているという。

今回の合格者のひとり、下地聡子さんは同行のウェブサイトで「リーガルアシスタント制度による経済的支援は、勉強と生活を維持する上で非常に役立ちました」とコメント。もうひとりの合格者、郷原隆さんも、

「リーガルアシスタントとして働くことにより、知識を銀行法務にどのように活かせば良いのか、身をもって学ぶことができ、日々、大変貴重な経験を積ませて頂いております」

と述べており、制度が受験生にもたらすメリットは大きいようだ。

あわせてよみたい:花粉症で「沖縄勤務OK」のITベンチャー
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP