ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android PayアプリとGoogle Walletアプリの違い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google が先ほど、Android 向けの新しいモバイル決済サービス「Android Pay」の提供開始を発表し、同時に「Google Wallet(New)」アプリを Google Play ストアにリリースしました。元々の Google Wallet もモバイル決済機能を搭載しているので、アプリレベルで Android Pay との違いが分かりづらいので、その点を説明します。Android Pay は実店舗における NFC 決済 “かざして決済” を行うための機能を備えたアプリです。実際には Google Wallet の「タップ & ペイ」を「Android Pay」にスピンオフしたというもの。今のところ、機能は クレジットカードまたはデビットカード登録して、NFC リーダーにかざして決済することのみ。今後は Google Play ストアの決済やネットショップなどでのオンライン決済も可能になると思います。

一方、Google Wallet は、Google サービス全体の決済情報を管理するこのほか、メールで他のユーザーに送金する機能や プラスチックの Wallet カードをリクエストしたり管理するのに使用します。

新たにリリースされた「Google Wallet(New)」は単なる仮の名前で、数日中に「Android Pay」に変更されます。このアプリをインストールすると Android Pay に対応した店舗で NFC 決済ができるようになるということです。「Android Pay」アプリを利用するには Google Play 開発者サービスに対応が必要になります。しかし、現時点では対応版は配信されておらず、実際に利用することはできません。「Google Wallet(New)」(Google Play)

■関連記事
Sony Mobile、Xperia Z5シリーズで水中撮影など行わないよう注意を呼びかけ
NVIDIA、SHIELD TabletにStagefright問題の修正アップデートを配信開始
Wikipediaの公式Androidアプリにリンク先の概要をポップアップブラウザで表示する新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。